2008 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2008 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヒコーキで北海道随想
2008/06/30(Mon)
むか~し、昔のことじゃった~。「おらぁ、ヒコーキさ乗りてぇ。」
9年前、バイク(DT200WR)を飛行機に積んで北海道へ行ったことがありますぅ。当時、JALの「ツーリングジェット北海道スケッチブックバイクプラン」とANAの「スカイツーリング」がありました~。今は多分ANAしかやっていないようですねぇ。
僕が利用したのはJALなので、ヒコーキで北海道へのアクセスを考えているライダーがいましたら、参考程度になさってください~。
この記事のURL | 北海道ツーをひかえて | CM(1) | TB(0) | ▲ top
北海道へのアクセス随想
2008/06/27(Fri)
今回9年ぶりとなる北海道ツーリングに行くと決めて、アクセスについて初めて考えたように思いますぅ。というのも、ビンボー暇ありの学生時代の3回は、下宿していた京都から最寄の舞鶴から小樽へフェリーで向かう以外に考えられなかったですし、社会人になってからの前回9年前は、1週間の夏休みの後半に何か別の用事があって、日程がきつかったことなどもあり、思い切って名古屋空港からバイクごと飛行機で行ったのでした~。
この記事のURL | 北海道ツーをひかえて | CM(5) | TB(0) | ▲ top
北海道へフェリー予約~
2008/06/26(Thu)
今年の夏は・・・北海道!

ネットで敦賀⇔苫小牧東の往復フェリーを予約しました~。 うきうきっ。

20代の頃、バイクでは4度、オフロードホッカイダーになってきましたが、リターンしてからCBR1000RRで初のオンロードホッカイダーしてきます~。 わくわくっ。

早速、旅人宿情報誌の「とほ」と「ツーリングマップル北海道」を購入。
あと足りない物は、フェリーで履くサンダルと、振り分けバッグくらいかな?デグナーにするかオックスフォードにしようか?

今日から電車の中で「なまら蝦夷」創刊号を読み直す素敵な通勤時間を過ごしています~。
この記事のURL | 北海道ツーをひかえて | CM(4) | TB(0) | ▲ top
新型CBR1000RRパンフレット
2008/06/23(Mon)
6月21日(土)
雨予報に反して曇りぢゃん。バイク乗れるぢゃん。ライコランドに出かけた。
お水?さんにTELすると、来る気配なかったのに仕事を放り出してフラリと登場。
やはり客を紹介してライコランドからバックマージンを得ているのかもしれない・・・。
ライコランドでアルパインスターのブーツを取り寄せ依頼(サイズが無かった)。
バンクセンサー付きの皮パンも欲しい奴のサイズがなかった。LLサイズでパツパツ。
僕はデブだったのかぁぁぁぁぁ。
外に出ると、とりサンも。近くでビリヤードをしていたらしい。
おかげで、しばしお話タイムを楽しめました。
夜はアメリカ在住の中学の連れの一時帰国に伴い、先生も呼んで10数名が集まり、
桑名のお好み焼き・韓国一品料理「一夢庵」で同窓会でした~。

6月22日(日)
午後から雨があがっていた。なんだ~。バイク乗れるぢゃん。ドリーム鈴鹿に出かけよ~。
フロントブレーキパッド交換~。新車購入から33,000キロ走行現在、残り1ミリ。
ちなみにリヤは2万キロ時に交換でした。「もった方ですよ。」とは井岡エロチーフメカ。
作業時間30分、しめて11,000円也。 グッジョブ。

作業待ちの間、新型CBR1000RRのパンフレットを見せられ、販促用DVDを見せられ、
ブレーキパッド交換に来たのにバイク交換の洗脳を強いられるハメに。
動いてるCBRはカッチョ良く見えました~。うおぉ、ウィリーで切り返しぃ。
モリワキのマフラーはロングタイプ。意味ないじゃん。
小さいシートカウルを補うため、専用に設定されたシートバッグが泣かせる。
一応ツーリングライダーのこともフォローしているんですね。


この記事のURL | CBR1000RR | CM(1) | TB(0) | ▲ top
志賀高原へツーリング(アーカイブ)
2008/06/19(Thu)
今日の記事はのぅ、去年夏の「お泊りで志賀高原ツーリング」のときのものじゃて。
人の記憶は劣化するでのぅ。けれどもデジタルっちゅうのは劣化しないものなんじゃそうな。
メイ・リンやオタコンの妹もそう言っておったでの。
わしゃ、ツーリングさ行ぐ時も、カメラは持って行ったり持って行かなんだりじゃ。
こん時はカメラも持って出かけたでのぅ、せっかくじゃからウェブ上にログっておこうかの。

2007年9月4日(火)晴れ、今週は1週間の夏休み~。でも訳あって、あんまり派手に遊び呆けてもいられないのさ~。何故かって?まあ、家庭の事情ってことにしておきましょ~。
1.jpg

朝、僕にしては珍しく早く出発。恵那サービスエリアの写真は8時10分だって。ノボリが写っていますが、何を撮りたかったのか自分でも解りません。
平日の中央高速はすいています。今日の宿は長野県白馬方面の、「ぽっぽのお宿」というとほ宿です。
とほ宿とは、旅人宿とも言い、旅好きな主人が経営する宿のことでして、とほネットワークとしてインターネットであったり、ネットワーク誌「とほ」や「なまら蝦夷」を発刊しています~。数としては圧倒的に北海道が多いです。男女別相部屋スタイルで、みんなで食事や外湯、星空散策などに出かけたり、イベントがあるところも珍しくないので、一人旅には楽しい宿です~。感覚としてはユースホステルが少し豪華になった版、ってトコでしょうか。僕が泊まったとほ宿では、必ず夕食後に酒盛り大会がありました。そういうノリが嫌いで独りユックリしたいのだ、というヒトには向いていないかもしれませんねぇ。

さて中央道を中津川で降りて、国道19号線で少し北上。
3.jpg

4.jpg

初めて通った馬籠峠。
5.jpg

長野県飯田市側に出て、メジャーな国道を避けて、1本西側にあるりんご畑の続く広域農道を延々と北上。6.jpg

今でも覚えているけれど開放感のある良い眺めの道でした~。
高速のICに近い所も通ったんですが、案内表示に「ETCレーン通行不可」とあったので高速には乗らず、結局ずっと下道を走ったのでした~。下道も楽しかったですよ。

諏訪を越えるころ、高ボッチ山でも行こうかという考えがチラッと頭をよぎったものの、先を急いでしまったことを今になれば後悔。

松本市街の暑いこと。でも、松本城は押さえておこう。城の北側の有料駐車場は、バイクはタダで停めさせてもらえました~。
7.jpg

まだ2時15分。宿に直行すると早すぎます。行き当たりバッタリなので、コンビニで、そういえば昼飯まだだったのでパンでも食べながらマップルで行く所を探しました。
暑くて汗かいていたので温泉に入りたい。マップル上に幾つか載っている温泉マークから、勘で、安曇野方面の温泉に決めました~。田舎だから道は簡単。
9.jpg

1軒だけの温泉旅館。地元らしきヒトが多いみたいな気がします。
露天風呂はなく、小さめの風呂と昔のカンジの扇風機などの設備。従業員のカンジは良かったですが、取り立てて勧める材料はありませんねぇ。アクセス路は良いとかそれぐらいです~。
8.jpg

長野といえどまだ9月、風呂から出てもまだ外は暑いですぅ。メッシュジャケットとはいえ、また汗かきそうですぅ。ど~せ、宿でまた風呂に入るだろうからイイんですけどね~。
しかしこの安曇野のあたりの畑や田んぼ、ポプラみたいな高い木と山の景色が自分の好みに合います~。田舎にもいろんな風情がありますもんね~。
10.jpg

宿は木崎湖から少し西に入った大町スキー場のリフト乗り場の正面にありました。シーズンには間違いなく玄関から滑って行けますね。
まだ少し明るいので、宿の場所だけチェックして素通りし、クネクネ道に入ってみたら、青木湖に出ましたよん。少し南下して木崎湖そばのコンビニで、宿でのおやつを買い、暗くなりかけた頃チェックイン。
11.jpg
12.jpg

宿泊客は僕だけだそうです。さびしいなぁ。
ご飯はなんか統一性もなく、いろんな物が沢山出てきてお腹いっぱいです~。出し過ぎでしょ、絶対。
ご主人は、飲んでいなくても酔っ払っている風のヒトで、よくしゃべるしゃべる。
身の上話から阪神タイガースの話、他の旅人宿の主人の話など。宿には中学生くらいのお嬢さんも声が聞こえる所にいるのに、異性の話やら下ネタやら、こっちが心配してあげるよぉ。
酔っ払ったころ、宿の電話が鳴りました~。明日の予約のようです~。女性の一人旅のようです~。ご主人も気を良くして「駅に着いたら電話してね~。ベンツで迎えに行くからね~。」などと、おおよそ初めての客に接するとは思えない口の利き方でした~。僕ならもうすでにこのヒトがこんなカンジのヒトだって解ってるからイイけど、明日キャンセルされるんじゃないかと、また余計な心配をしてあげました。

そろそろ飲み終わろうかという頃、ご主人が僕に「さっきの予約の電話、聞いてたでしょう?何時に駅に着くって言ってた?」・・・おいおい、メモしとけよ。もうしょうがないヒトだなぁ。そして「明日どこ行くの?都合つくんなら明日も泊まりに来なよ。若い女の子と知り合いになれるよ。」って、あ~た・・・。まあ、今日みたいな調子で飲めばきっと楽しいだろうけどね~。
丁重にお断りして就寝。

明けて水曜日。どんよりと曇っていますぅ。なんといっても驚きなのは、朝肌寒いこと。陽の差す日中はあんなに暑かったのにね~。外でタバコを吸っていると、工事現場に向かう風のクルマがやって来て、4人のおじさん達が降りてきました。朝ごはんをここで食べるんですね~。そっか、喫茶軽食の看板も出てますもんね~。

テレビの天気予報を見ましたが、どの地方を見ればいいのか判りません。北海道の空知支庁とかいうのと同じレベルでチンプンカンプン。北部とか南部とかじゃダメなわけ?どっちみち今日はグズつく空模様・・・。

朝8時、宿のご家族に見送られて出発しました~。今日のハイライトは志賀高原です~。まずは長野市に向かいます~。
13.jpg

天気はもちそうかも。さすが晴れ男。県道31号線(通称:オリンピック道路)は何気なくキレイな景色の連続で、交通量も少ないしメッチャ快適ぃ~。
14.jpg

長野市街に入る前に、川中島の標識が目に付くようになってきました。今年の大河ドラマは風林火山、地元はさぞ盛り上がっていることでしょう。10時ジャスト、人生2度目の善光寺。駐車場のおじさんも優しくココに置きなさいって具合で勿論バイクは無料。8月いっぱいまでは凄い人出だったんだって~。
15.jpg

長野市街をあとにして、志賀高原の入り口まで来ましたよぉ。やっとココまで来たかぁ。思えば10年以上前、入社したころ組合のスキーツアーで北志賀竜王スキー場に来て以来のコッチ方面。
志賀高原道路目前の道の駅でとりあえず休憩し、何気にマップルを見ていると、すぐそこにお猿さんの入浴でも有名な地獄谷温泉があることに気がつき、時間も大丈夫そうなので寄っていくことにしました~。
16.jpg

野猿公苑と共同の駐車場にCBR1000RRを停めて、貴重品とタオルだけ持って温泉・・・・・って何処?
これを登るんデスカ?
17.jpg

山の中を数百メートル歩いて歩いて・・・
18.jpg

ふう、やっと着いたみたい~。こりゃ帰り道に絶対汗かいちゃうだろうなぁ。

日帰り入浴は700円くらいだったかな?入り口で靴を脱いで、建物内の階段を降りて行くと、なんとも味わい深い温泉。
19.jpg
20.jpg

内湯は男女別。露天風呂は混浴~。のぞいて見たら誰もいないようなのでカメラを手に露天風呂へ。焼けたコンクリートが素足にアッチッチ。
22.jpg

素敵な露天風呂に独りで入れるこの気持ち良さ。あ~極楽極楽ぅ。・・・・・ん?

猿が谷に架かった電線を渡っているぢゃないデスカ~!
ここが地獄谷温泉であることを実感ん~。
21.jpg

湯加減は程よく熱めでイイ気持ちでした~。熱過ぎれば水を入れるホースがあった気がしました~。

そして案の定バイクに帰るころには汗だく。
22-2.jpg

でもすぐに汗は引きました。
志賀高原に上って行くほどガスってきて、すっかり五里霧中。
道はイイあんばいだし、晴れていたらきっと良い眺めのはず。
カッパを着ていると、通りかかったハヤブサのツーリングライダーが手をあげて通り過ぎて行きました。
「ダメだこりゃ・・・。」「・・・ねぇ・・・。」そんなテレパシーがお互いに通じ合った挨拶だったはずです。
( ↓ サムネイルなのでクリックして見てね~。)
23.jpg

万座ハイウェイも鬼押出も雨に煙っており・・・・。(くっそ~、地獄谷温泉んときは、あんなに晴れてたのにぃ。ちぇっ、ちぇ~だ。)
24.jpg
25.jpg

雨のツーリングが続くようなら、マジで、ぽっぽのお宿に今夜も泊まろうかと思ったものの、台風接近により明日は確実に雨だと分かっており、ここいらから帰宅する方向に向かい出しました~。
小諸のあたりから雨もあがって、以前から母が行きたいと言っていた懐古園の案内看板を見つけました。今度クルマで連れて来てあげよう。
諏訪インターから中央高速に乗った頃には、あたりは真っ暗。
駒ヶ根SAで初めて食べたソースかつ丼は、予想を裏切り上等のヒレカツを使っていて満足。このパワーでコンタクトレンズの乾きも何のソノ、中央高速→名古屋高速→東名阪を走り抜け、10時か11時ごろ帰ったんじゃなかったっけかな?お土産は何だったかなぁ?覚えてないなぁ。
26.jpg

2日目はカッパを着たり脱いだりを繰り返したし、地図を開く回数も多かったせいか、思ったより時間食っちゃいました~対して1日目は時間が余り気味だったので、宿泊地の設定をミスったかもしれません。この反省を次回に生かしますぅ。
 ↓ みーかつ親分のマネ(サービスショット)
28.jpg
この記事のURL | 関東甲信越へツーリング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
敦賀海鮮丼ツーリング ~本編~
2008/06/18(Wed)
海鮮丼を食べに行こ~~ぉ。
日本海に向けて朝8時20分(遅っ)出発~。
ETC割引を目指して、何としてでも9時までには名神大垣ICを通過しなくては。
こういう時だけ、寝坊がちな夜型生活を悔いる・・・。
国道258号線で桑名―大垣間は、バイクなら通常30分~40分なので間に合うとは思うものの、ちょっと気ぜわしい。

道はスムーズに流れており、8時50分、余裕でETCゲート通過~。
養老サービスエリアは、クルマやバイク、観光バスもいっぱい。
晴れなのに暑くなく、爽やかな行楽日和ですからね~。養老


木之本ICで降りて(大垣IC→木之本IC 650円)、琵琶湖の湖畔をほんの少しの区間だけ走ります。琵琶湖


10時半には「日本海さかな街」に到着~。早い昼ごはんです~。さすがにすいています~。さかな街


迷っちゃいますぅ。
壁


結局、「カニ・うに・貝柱」丼。通常1,680円、今回はネタ倍盛りのデラックスなので2,400円也。
通常バージョンでも感動できますよん。
ご飯の上にきざみ海苔が敷いてありまして、その上にネタがご覧の通り。ウニだけでも1,000円くらいしませんか?醤油差しには最初から薄めのワサビ醤油が入っており、かために炊かれたご飯にドボドボとかけてガツガツ・ムハムハといただきました~。丼


ツーリング前半部分でこんなにガッツリ食べて良かったのだろうか?
腹ごなしに三方五湖レインボーライン(自二700円)へ。

リフトに乗って山頂公園へ(大人往復500円)。

南を向くと三方五湖。三方五胡


北を見渡すと日本海~。海
看板

リフト


レインボーラインをあとにして、小浜までは海岸線の細いクネクネ道。
アラレちゃんのイガグリ先生のような小島。栗

バイクと栗


午後1時過ぎ、小浜市街から国道162号、周山街道に入りました。京都を目指します~。
途中、「道の駅名田庄」に寄りましたが、サビれています。
大型テレビで今日東北が地震でエライことになっているのを知りました。

周山街道は信号がありません。でも地図で見るよりは面白い道ではありませんでした。
景色もフツーです。
右京区高雄あたりまで近づいてくると、そりゃあこの辺りは紅葉の名所ですからメッチャきれいですが、それ以外のバイクツーリングではお勧めできませんねぇ。
僕が学生で京都にいた頃は、とても良いワインディングだと思っていたのでとても不思議です。観光駐車場


今回のツーでは京都自体には全く無関心でしたので、一応京都来たよ程度に・・・・・
時代劇のロケでも使われる広沢の池を通り、広沢の池


嵐山の渡月橋あたりは物凄いヒト・ヒト・ヒト渡月橋


大文字山のふもとを通り、大文字


景観条例によるものか、こんなカンジのサークルKで休憩しつつ市内を横断。サークルK


そうそう、途中、今度お水?さんやDERAさんを誘って来る予定のご飯屋さんの定休日と営業時間を偵察し、山中越えから滋賀県に入ります~。周山街道よりずっと楽しい登り坂。県境で午後3時半。
比叡山ドライブウェイ・・・う~ん、パス。またいつか。
峠からの琵琶湖の眺めはほんの一瞬。なので写真はなし。

新名神で帰るつもりでしたので、滋賀県側の麓まで下った標識の「名神」の文字に従い右折したら、てっきり大津ICに出ると思っていたのに京都東ICに出ちゃいましたぁ。ヤラレタ。
大津ICはスグソコなので、1号線を北東方向へ。大津IC手前のガソリンスタンドで給油して、4時過ぎに名神に乗りました。ちなみに大津ICは、ココから入ったクルマでも、本線合流前にサービスエリアに入れます~。
新名神への分岐は事前に何回か表示がありましたから安心でした。一番左の車線からループを上って新名神の始まり始まり~。
クルマ少ないですね~。これなら覆面いたらスグ判るはずですね。レーダーってあるのかなぁ?
土山サービスエリアで黒胡麻チョコ八ツ橋と下ネタプリンを購入。レジでちょっと恥ずかしかったですぅ。プリン


5時半ごろ鈴鹿インターを出て(ETC割引で500円)、ホンダドリーム鈴鹿でコーヒー休憩。下ネタプリンに大喜びのエロ営業マンとエロチーフメカニック。よかったねぇ。女性社員の●林さん、「しょ~もないお話中のところ申し訳ないんですけどぉ、・・・電話ですっ。」って、彼女は下ネタ嫌いなのねぇ。
セントレアツーで御一緒したフォルツァの常連さんと、ドカティ・XR100などの話で盛り上がり、午後6時半過ぎに家路へ。また鈴鹿ICから割引なしで桑名まで(自二600円)。7時過ぎに実家に帰ると弟夫婦と1歳の甥も来ていて、海鮮丼の写真でうらやましがらせてやりました~。はっはっは~。緑
 ( ↑ 周山街道高雄駐車場付近)
この記事のURL | 関西へツーリング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
動画~ぽんたサン@SRX400
2008/06/17(Tue)
本当はSRXのビッグシングルサウンドが撮れればベストだったんですけどね~。
ぽんたサンの流れるような走りをどうぞ~。
僕が撮影のために寄って行っちゃったんだけど、さりげな~くスペースを空けて行ってくれるあたり、素敵ですぅ。


この記事のURL | ツーリングのユルユルな動画 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
飛騨牛ツーリング<本編>
2008/06/10(Tue)
6月8日(日) JF定例ツーリング飛騨ギューツーリング<本編>

さて、前の記事に引続き、いよいよ本編です~。
集合写真を撮って9時20分頃出発した我々は、小牧ICの隣のガソリンスタンドで鯛長とだいぐうさんがガス補給を済ませた後、ほどなく41号線から北西にそれて愛岐大橋で木曽川を渡ります。先頭の私ですが、この辺の土地勘はかすかにある程度ですので、ルートはナビまかせでした。実はこのナビ、試しに近所でルート検索させたら、トンデモナイ路地とか選んでズンズン行っちゃうおバカな頭脳の持ち主。それを知っていたのでとても不安。そんなご主人の不安をよそに、ここはまあまあの道をナビしてくれまして、無事愛岐大橋へ。少し上流の犬山ライン下り辺りの岩肌の見える景色も好きなんですけど、今日はそのまま北進します。ARAKO.jpg

東海北陸道関ICをかすめて国道248号線を西へ。この先の「道の駅むげ川」で雷虎さん、DERAさんと合流することになっています。のどかな田舎道、川を渡って少年野球場の隣が道の駅です。到着した頃から日差しが出てきました。ムシムシと暑いです。虫といえばだいぐうさんにかげろうが停まっていました。【事件度 ★☆☆】

DERAさんがツーリングマップルをブンブン振りながら到着です。地図むき出しで来たんデスカ?すごいテクニックですぅ。
ライコさんが到着ですぅ。実は私、寝坊のせいで一目散に走ってきていたため、マックでとりGさんにタバコ1本もらっただけでニコチン切れ。タバコを買おうにもタスポ不携帯によりOUT。そしたら心優しき雷虎さん、コンビニ探して買ってきてくれるって。【恐縮度 ★★★】

13台になった我々一行は、本日のおいしいワインディング、板取川沿いのルートを目指して走り出しました~。天気は良いし楽しみだ~。桜トンネル

板取川に向かう途中の峠越えでは、東海地方でおそらく有数の桜のトンネルを抜けました~。ココは春ならもっと最高でお勧めなんですが、新緑の今頃でも素敵な空間でした。駐車スペースもあるんです~。【ミシュランガイ度 ★★☆(星2つ・・・遠回りしてでも価値がある)】

板取川に出ました。川を左手に北西に向かう県道81号線も視界の開けた快走ルートです。沢山の釣人が腰まで入って鮎釣りに興じています。観光ヤナの看板も目についてきました。
続いて国道256号線に入り、今度は川を右手に見ながら北上するクネクネ道です~。さっきの県道と違って平野部の無い谷筋です。川も流れが急のようです。木立の間から見え隠れする対岸の山が何ともキレイですぅ。春は緑の中の山桜、秋の紅葉もキレイだろうと思わせます。夏もイイんすよぉ、流れの渦とかしぶきの白が涼しげだし、セミのシャワシャワ音と真夏の日差しが、「あぁ~、俺って今ツーリングしてるよぉ。」とヒシヒシと実感できる道ですよ。【ミシュランガイ度 ★★★(星3つ・・・そのために旅に出る価値がある)】
026_convert_20080423130900.jpg

緯度的に郡上八幡と同じぐらいまで北上しました。美味しいワインディングごちそうさまでした~、
国道156号線方面に右折しますよ~。06年のマップルを見ても、従来は延々クネクネ道だったようですが、今はトンネルでショートカット出来るんです~。でもこのトンネルが長くて長くて、長いだけなら問題ないけど寒くて寒くて。
そしたらやっぱり?トンネルを出るとクロさんが「銀さんっ、トイレ!」
了解です~、ちゃんとすぐにドライブインがあるんですってぇ。TOITE.jpg

昔ながらのドライブインです。スキーに来るとき、たまにお世話になりました。チェリオ系の自販機100円なんですよね~。懐かしのスイートキッス発見、即購入。よみがえる中学時代。スイートキッス片手にゲーセンで補導されたり・・・そんな余韻を打ち破る爆音、そーです、族の連中がやってきました。奴等もトイレ休憩か。
さて、すっかり時間もお昼前。みなさんお腹すいてきた様子。鯛長に昼食場所を聞いてみる。パスカル清見で飛騨ギューとのこと。パステルパステルと連発する私を「パスカルでしょ。パステルってプリンじゃん」と正してくださったあらこさん、感謝します。
途中通行する有料道路代を先頭の私がまとめて支払うので、300円ずつ集金集金。うっ、財布パンパン。

郡上警察署横のガソリンスタンドでガス補給後、お馴染みのせせらぎ街道です。遅いクルマに引っかかって抜くのを躊躇していた先頭の私を、先頭補佐役のさるさんの軽快な加速音が、ななめ後ろから真横、さらには前方へと・・・。後方の皆様、すみませんでした。以後、サクサク行きますぅ。

料金所も事前の集金が功を奏し、スムーズにパスカル清見に到着できました~。ここまでで先頭の任務は完了だろうな~、やれやれだ~。さ~て、お昼ごはん、みんな座れるかな~?きれいな食堂ですね、キャパもあるし。6人掛けのテーブルに7人ずつ、すぐに座れて品定めタイム。飛騨牛ステーキランチ、飛騨牛朴葉みそ焼き膳とも1,680円。悩ましい、実に悩ましい。両方頼んでも良いが、そうすると胃袋が悲鳴をあげて、おそらく帰りは公共交通機関&ロードサービス利用になるという皆の統一見解。なんでもここパスカル清見には、ロードサービスの呪いがあるらしい。それは避けたい。
料理は、道の駅と馬鹿にするなかれ、柔らかい肉質に感心しました~。ご飯のおかわり無料でした。
また機会があったらリピートしたいと思わせてくれました~。【ミシュランガイ度 ★☆☆(星1つ・・・そのカテゴリーで特に優れている)】MISO.jpg

SUTE-KI.jpg


食後は試乗タイムだったようで、メンバーのバイクをちょっと借りたりして道の駅の前を行ったり来たりして腹ごなしするメンバーもちらほら。これが後の事件の呼び水になったのかも?

一方でさるの介さん、DERAさん、HIROさん、私の4人が同級生だったことが判明。昭和●▼年会結成間近でしょうか。さらに驚きの共通項も。むふふ、内緒です~。
さて、「サイテー」の声が聞こえてきそうな集合写真で親亀小亀、ゲッターロボを満喫。SHUUGOU.jpg


さて、肉も食ったし、ツーの目的はこれで果たされましたよ。この後ど~すんの?高速でシパーっと帰るのかな?DERAさん僕のフルパワーCBR乗りたいっつってたからな~。と、思っていたら、東の方面に抜けて帰るですと?そんな道あったっけ?ってあるんですね~。知りませんでした。今まで地図上、色の塗られていない道路をつなぐルートって無視していたんですけど、う~ん、勉強になりました。ただしハズレだとトンデモナイ道を走るハメになるんでしょうけど。

岩屋ダム方面に向けて走り出しました。午後の先頭は、このルートの発案者HIROさんなんですけど、もう速いのなんの。午前中の3割増のスピードですぅ。農村部の直線ですら怖くてついていけません。これだけ後続をちぎって行くのだから、道は1本道なんだろうなぁ。無理してついて行くのはよそう。
僕の前でかっ飛んで行ったのは、HIROさん、クロさん、さるさん、DERAさんの4台。僕がペースさえぎっているけど、僕の後方で本当はかっ飛んで行きたそうなヒトは・・・・・しばし走りながらシンキングタイム。とりさんと、お水?さんは間違いないね。雷虎さんは割り切って後衛してくれてるだろうから良いとして、鯛長はだいぐうさんと離れなさそうだし、ぽんたさんはどうなんだろう?僕が数万キロ走ったビッグシングル乗りなら、めったやたらと飛ばす気ないかもなぁ。ご本人の気持ちは判らないけどゴメンしといてもらおっ。エーさんが判らない。素顔は温厚そのものだけど、こち亀の本田君の例もある。ちょっと観察タイムぅ~。怖いけど直線で無理して引き離してみる。ガッツリと迫ってくるカンジはしない。クネクネ道で結構本気で走ってみる。つかず離れずついて来る。これはエーさんの方が速いと考えるのが自然だ。
というわけで、次の休憩ポイント以降は、後ろの方に回らせてもらいます~。ここまですいませんでしたぁ。

岩屋ダムの自販機は、冷たいコーヒー系は見事に売り切れ、残念。ココは地元の走り屋御用達だそうで、コーナー侵入部分にはスリップマークが沢山ついていましたね。
またここでも、パスカルに引き続き他のメンバーのバイクを試乗希望する者が一人。だいぐうさんが、さるさんのDトラッカーにまたがってみる。足つんつんのバレリーナ状態。テールを鯛長が神妙な面持ちで支えています。夫婦愛だ~、・・・心配なだけとか?
おっ、またがるだけじゃ物足らず、走りに行くんだぁ~。気をつけてね~。MAE.jpg


それにしても今日は曇りどころかイイ天気。ここで相当バイク談義やら、まったりしましたね~。
それにしてもだいぐうさん、帰って来ないねぇ。パスカルまで行っちゃった?とか冗談はさておき、Uターンできる場所を探しながら延々行っちゃってるんじゃない?という意見が真実味を帯び始め、その後も余りに長い試乗タイムに、DERAさんが「ちょっくら見て来ますわ。」と言い残し捜索へ向かってくれて・・・・・

ハッ! 二人乗り? ナンデスカ?!
bc2f.jpg

Uターンで? 立ちゴケ? その手に持っている物は? クラッチレバーの折れた先っちょ部分ですとぉ?
やっちゃったのねぇ、だいぐうさん。Dトラッカーレバーポッキリ事件。また新たな伝説が生まれた・・・。
さるさんは寛大に笑って許してくれていました。僕もオフ車乗りだったけど、走行に滅茶苦茶支障があったらまた別だけど、多少のことはオッケー、みたいな部分ありますからね~。
でも借りるときも貸すときも、相当の覚悟と責任が要るんじゃないかな~。なんせ大袈裟に言えば、ヒトの命に関わるかもしれないことですもんね~。気をつけましょ~ね~。【事件度 ★★★】

本日最大の事件が収束した今、もう長々とツーレポ書いても仕方ないですよねぇ。

まったりした上にハプニングもあって、岩屋ダムを後にしたのは午後4時。さるさんは折れたレバーをものともしない走りです。国道41号線のガソリンスタンドで最後の給油を済ませ、渋滞するであろう41号線を回避して南下し、道の駅平成でイチゴソフトクリーム休憩。トルコアイスにも似た粘り気があり、甘さはくどくなく美味でした~。KAERI.jpg

その後、更に南西へ。関ICからは往路と同じ道を南下して、木曽川手前のミニストップにまだ明るいけど6時ごろ到着。解散式となりました~。今後のスケジュールなどが発表されまして、ミーの手配をだいぐうさんがしてくれるとのこと。7月の定例ツーは13日。9月の連休のあたりでお泊りツー、いずれも行き先は未定とのことです~。
TENNSINNHANN.jpg

結局家に8時前に到着。家から家まで330キロ、小牧のマクドから家まで290キロの道のりでした。
皆様お疲れ様~。満足満足。見送りの皆様またね~。まだお会いしていないメンバーの皆様~、ご一緒できる日を楽しみにしておりますぅ~。遊んでくださいまし~。

次回は、ぽんたさんの盗撮動画でも載せようかな~。

<写真提供>
さるの介さん ありがとね~、今度さるさんいっぱい写してア・ゲ・ル。
この記事のURL | JFクラブツーリング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
飛騨ギュー ツーリング<自宅~小牧ICマクド>
2008/06/09(Mon)
6月8日(日) JF6月定例ツーリング ~飛騨牛ツーリングの巻~

今週は、日曜日の天気予報が目まぐるしく変わりましたぁ。
木曜日時点:降水確率 40%
金曜日時点:降水確率 80%
土曜日時点:降水確率 20% なんじゃこりゃ。ヤキモキヤキモキ。

ちなみに僕は晴れオトコ~♪ 金曜日の天気予報を見たお水?さんの悲鳴にも似たカキコに「僕が行くときは大丈夫!」とレスしようかとも思いましたが、さすがに80%はひっくり返らないかも・・・、と弱気でしたのでやめときました。(宣言しとけばカッコ良かったに違いない・・・。)
何はともあれ、鯛長の「明日のツーは決行っ」のカキコにひと安心して就寝。

(ドラクエ風)♪テーレーレーレーレッテンテ~ン

おおっ、やっぱり薄曇りだ~。雨降るカンジじゃないね~。って、ガ~ン! 俺、今日目覚ましで起きてないよねぇ?えっ?今何時ぃ?ハッ・・・7時半・・・・・。集合は8時に小牧ICのマクド、所要30分強。ガソリンスタンドも寄らなきゃ。歯磨いて着替えて・・・あ~、絶対無理。

結局家を出たのは7時50分。高速乗ったらもう連絡できないので、8時前、桑名IC手前のガソリンスタンドで、お水?さんに電話することに。
「遅れますぅ。」「今度はなんですかぁ~?(前回パンクした私)」「今日はノーマルに寝坊です。すいません。」「大丈夫ですよぉ、まだ鯛長も来てませんから~、えへへ。」・・・やはり。(¬_¬)

小牧北ICを目指して法定速度プラスアルファで道を急ぎ、20分ほどで到着。ふぅ。

店内には皆様お揃いの様子。りゅうさんは家族の看病のため今回は参加できないとのこと。でもヒロッシさんとみーかつさんの姿も。鯛長に直接参加表明されてたんですね。あとから雷虎さんとDERAさんも途中合流するし、今日も賑やかだ~。

ふふ~ん、イイでしょ。ってなカンジにPSPナビを自慢していたがゆえ、先頭を命じられてしまいました。でもさぁ、他にも本物のナビ付いてるヒトたくさん居るぢゃんねぇ。ハッ、遅刻?ハイ、そーでした。鯛長の仰せのとおりに致しますぅ。

お見送りのTOMさんと、JFホームページでお顔は拝見しているマブさんに見送られて出発~。あれ?ヒロッシ・みーかつご夫妻とまなやんさん、見送りなのぉ?ありゃりゃ。残念ですけどまた今度よろしくお願いします~。41号線を北に向かう当初12台なのでした~。 < つづく >



この記事のURL | JFクラブツーリング | CM(1) | TB(0) | ▲ top
PSPナビをバイクに付けてみました~。
2008/06/03(Tue)
先週買ったPSP。すっかりメタルギアソリッド(ゲーム)にハマッた。
・・・おっと、ナビを忘れちゃいけませんね~。

PSPをバイクに装着するべく、5月31日(土)、予報では雨でしたけど、「なんか午前中は降られずに済みそうぢゃん。」ってことで一応カッパをCBRにくくりつけて、まずはレーシングワ●ルドへ。バッグ類は意外と品揃え少ないのねぇ。
気を取り直してライコランドへ向かうことに。

レーシングワ●ルドのバイク駐車場はガラガラ。僕の他に1台しかいませんでしたぁ。しばしスモーキングタイム。ふと外を眺めていると・・・・・、何かコレって雨? ひぃ~ぃ、のんびりしてる場合じゃなかったみたい。しょうがないのでカッパに目をやる。

でもでも~ぉ、ココからライコランドまでって、ほとんど上に名古屋高速が走ってるじゃんね~。案外濡れずにいけるんぢゃない?俺って天才!  と、コレが当たらずも遠からじ。結構快適 ぃ。カッパ着ないで行ける所まで行ってやるぅ~。それに北の方ほど明るい気がするし。
元々弱かった雨は、豊山あたりで止んできました。

ライコランド、イイじゃな~い。デグナー製の小さいナビバッグ。GPSアンテナを付けたPSPにタテヨコサイズぴったり。店員さんも興味深々の様子。
3,990円、「こんな小っちゃいのに高いなぁ。」でも即購入。脱落防止のベルクロとレインカバー付でした。
吸盤によってタンクに取り付けるタイプなので、給油口とステアリングヘッドの間にセットして帰ってきました。でもその位置だと真下に視線を落とすぐらいの位置関係で、イマイチ不満だったので、家に帰ってからバッグに目抜きで穴を開けて、タンク前端にあるステアリングダンパーのボルトで固定してやりました~。
( ↓こんなカンジで )
200806011645000.jpg
だいぶ前に来たでしょ?これでもまだ、メーターから結構視線移動させなきゃいけないんですけどね。
写真ではアンテナ部分をバッグから出していますが、後に、バッグの中に完全に入れても感度良好であることが判明。

さて、走行してみてどうだったって話なんですが、追随性や感度は何ら問題なしでした~。
ライコからの帰り道はザンザンに降られたんですが、雲の影響とか無いんですね。それに楠ジャンクションの真下で長い時間信号待ちしてたんですけど、あの、空がほとんど見えない場所でも全然ロストしなかったのには感動しました~。
画面の視認性は、日差しのないこの日はまぁまぁ見えますね。まぁ許せる範囲です。
セントレアツーの時はピーカンだったので、体か手で覆わないと光って見えません。たとえナビバッグの透明ビニールが無かったとしても、見えにくいんじゃないかと思います。

でも余裕のある直線区間とか、信号待ちとか、手で覆えば見えますし。
まぁ停まって見ればイイんですしね。地図開いてるよりはずっと早く、自分が何処にいるか判りそうです。
それと知らない地方の夜道なんかでは、周りの景色が見えない分、すごく役に立ちそうです~。
あ、音声はMAXにしても全く聴こえませんよぉ。イヤホンまでする気はありません。

バッテリーはPSP標準のもので約4時間。このままでは、ツーリングの一部でしか使えません。
CBRのバッテリーからシガーソケット等で配線するのも億劫(おっくう)だったし、あの凄い熱を放つエンジン・フレーム付近に配線を這わすのは、どうも精神衛生上、よろしくないですぅ。
PSPを買った直後に大容量バッテリーを6,000円追加して購入していまして、これだと12時間ももつんです~。
大抵のツーリングなら12時間もてばイイや。
お泊りツーでも12時間使って宿で4時間充電でオーケー。

ま、そんなこんなですが、ナビに不慣れな私には高い買い物ではありませんでした♪
この記事のURL | CBR1000RR | CM(0) | TB(0) | ▲ top
セントレアへツーリング
2008/06/02(Mon)
6月1日(日)乾いた晴れ。夕方湾岸道は南から強風。

今日はホンダドリ●ム鈴鹿のツーに参加してきました~。
ホンダ主催のDN-01大々試乗会が常滑のりんくうタウンで開催されていたのですが、ソコに来場する三重県の客に営業する目的で店長が出向くのに、どうやら一人で行きたくなかったらしく、今回のツーを計画したのでした。

そんな負い目もあってか、参加者は声をかけやすい超常連ばかり6台プラス店長の計7台。
その結果、計らずもホンダ車の見本市みたいな車種構成になりました~。
ゴールドウィング・シルバーウィング・CBR1000RR・CB1300SF・フォルツァ・VFR750・DN-01、よくもまぁ。

朝9時半、鈴鹿IC→東名阪→伊勢湾岸道→知多半島道路→セントレアラインと高速代をまき散らし、りんくうICまで。
しかしこの辺りは何にもありませんねぇ。試乗やウィリーの練習にはもってこいですけど。
11時前、試乗会場である名鉄りんくう常滑駅前のJホテル駐車場到着~。200806011126000_convert_20080602180325.jpg

練馬CナンバーのDN-01がズラリ10数台。コンパニオンのお姉さまも3人いますぅ~。
試乗はとても長く約40分。完全予約性でホテル内のラウンジでまず好きなドリンクをオーダー。試乗後はどうやら昼食まで出るらしい力の入れよう。DN-01のパンフレットなんて普通車のパンフより立派だもんねぇ。
こんなことなら僕ら常連にも前もって言ってくれればよかったのに。それとも何か?「お前らに経費で飯まで食わせらんねぇ。」ってことか?

店長のお仕事が終るのを待って、電車でセントレア入り。ライダーウェアは浮くよぉ。
それでも気にせずデッキで飛行機を見て、エビフリャー定食(電車代+昼食代はもちろん店長もち)を喰らい満足な面々。
「眠い。このまま電車で帰りたい。」とか言う者も。
ゴールドウィングやスクーターなど大容量ラゲッジの人たちは、お土産のえびせんなどを買い込んでおりました。

急行という名の各駅停車は本数が少なく、だいぶ待って帰路へ。空港より電車内の方がライダールックは違和感あったかも。

帰りもただ往路同様高速代をまき散らし、午後4時、長島PAで桑名の私は解散。
走行時間3時間弱。何じゃ?このツー?
・・・・・・・・・PSPナビも試したので、次回 ぃ~。
この記事のURL | 愛知へツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。