2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
北海道5日目【屈斜路湖~上富良野】美瑛の動画も☆
2009/08/03(Mon)
7月23日(木)

2009北海道ツーリングも残す所あと2日、明日の夜にはフェリーの中・・・。

帰りたくない思いが頭をもたげて来る頃になりました。

現実は現実、そんなネガは吹き飛ばして、今日はせっかくの良い天気、充実した1日を過ごさないとその方が後悔しちゃいます☆

さて今回の記事は、もちろん前回の『朝メシ前のコタン温泉』からの続きです。
それでは張り切って行ってみよ~!


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ「怪しいバナー」とか言うヒトがいましたし、昔の自分もそう思っていましたが、単に『にほんブログ村』へのリンクボタンです。押していただくと同時に一票になります。いつも10位以内におらせてもらい、ありがとうございます。m(_ _)m
.
~~~本文のつづき~~~

9時15分、VTR250黒姫さんとレンタカーのオモロイおじさんを見送ってすぐ、自分も皆さんに見送られて出発。

「しまったっ!黒姫さんに摩周湖の駐車券あげればよかった・・・」
去年買えなかった『じゃがぽっくる』を摩周湖の売店に買いに行くと言ってたっけ。

昨日硫黄山に寄った銀さん、硫黄山と摩周湖は共通2日間有効なのです。
「まあいいか、100円だし(笑)」


今日は一昨日ガスにやられた阿寒湖横断道路のリベンジと、同じく日勝峠の借りを狩勝峠で返し、富良野・美瑛に入る予定です。

ところが・・・・・

弟子屈を阿寒方面に右折して道の駅摩周をだいぶ通り越した頃、前方の山にかかる真っ黒の雲に我が目を疑います。「うそぉ。」

この辺は晴れているのにあの様子ではリベンジどころか返り討ちです。

宿から既にトリップメーターは25kmも刻んでしまいましたが、案外スパッと気持を切り替えてUターンすることが出来ました。
往復50kmのロスなど、本州の下道だったら1時間半のロスですがココは北海道、40分ほどのロスで済むのです。


Uターン後には変更になったルート確認のため、道の駅摩周に立ち寄りました。
さっきピースサインを交わしてすれ違ったばかりのライダーが「アレさっきのCBRだよね?」みたいな不思議そうな顔で見てきます。
もしかしたら「やっぱりおPっこ我慢できなくなったんだろうな?」と思われたかもしれませんが、違いますっ! 雨雲に突っ込むのがイヤだったんです(笑)


また屈斜路湖西岸方面を北上し、10時にはもう美幌峠中腹まで来ました。
P1030012.jpg

しかし今年は峠まで登ると一面のガスで眺望は効かずじまい。

残念ですが通り過ぎると、下りはまた日差しが出てきたので「もしかして!」と思い、美幌牧場入口でUターンしてまた峠を見に行きましたがやっぱりガスのままでしたorz。
今日はUターンdayなのか?

美幌町に出て、大回りになる国道39号に入らずに道道122号線で北見市に入りました。
P1030014.jpg

11時半、町が見えてきました。銀さんの認識を超える大きな街です。
ここでお昼にしよう☆
地元でも昔から評判の回転寿司トリトンに入りました。
P1030018.jpg

根室のサンマ、とかウトロの○○、とか、ネタの表示に誘われるままたらふく食べてしまいましたが、会計してみると自分の見込みより安くて思わずニンマリ。

地元民でよく混んでましたし、ツーリングライダーもチラホラ出入りしていました。
ライディングジャケットなども預ってくれます。
P1030020.jpg

駐車場に戻って晴天の下で見るCBRはドロドロだったので、拭くピカでザッと拭き上げてやりました。


さあ12時半、午後の部スタートッ!
39号線を大雪方面へ西進。

P1030024.jpg
期待していなかった石北峠、こんなに良かったっけ?
これで阿寒湖横断道路の無念が少し晴れたかも。あのまま横断道路で道央に出ていたら雨にやられていたかもしれないのだから。


P1030026.jpg
峠では意味不明な看板がありました。
トイレまで辿り着いてどうして野●▲する必要があるのでしょう???

熊が出てきたらどうするんでしょう???
そんな格好では逃げづらいし、助けも呼びづらいでしょうに。

そこまで行かなくても蚊やブヨなど北海道の虫をナメちゃイケマセン(笑)
大事な部分を刺された日にゃあ、信楽焼のタヌキもびっくりですってぇ。
汚い話ですみませんm(_ _)m ネタの写真で
P1030028.jpg

いや違うっ、峠の野花でお口直しを。
P1030025.jpg


P1030033.jpg
峠を下ると大雪湖です。遠く正面には万年雪を頂く大雪山系が見えてきます。
先週あの山のどこかで多くの尊い命がなくなったんだと頭をよぎりました。
自分にはそれ以上の感情はありませんでしたが、遺族の方はどんな気持であの山を見るのだろう、などとちょっとセンチメンタルに。


「1時40分かあ。」朝のロスはすっかり取り戻し、少し時間に余裕があります。
まっすぐ富良野方面に向かうことをやめて、お気に入りの三国峠を見に行くことにしました。

しかし気がかりなことが一点、ガソリンの残量ですorz。

この分岐点から北、層雲峡のまだ北にある上川町まで行かないとガソリンスタンドはありません。
今から上川町に背を向けての三国峠までの寄り道、計算上は行けるはず・・・。
やはりビクビクしながらの北海道ツーリングは心臓に悪いですね、気持ちよくスカッとアクセルを大きく開けられません。
P1030038.jpg

でも行く価値がありました。道中も峠の眺めも最高だったわけですから☆
P1030041.jpg


峠を引き返して上川町で無事給油を終えると、ガス欠の緊張が解けたせいか眠気が(笑)。
向かいのコンビニで栄養ドリンクを補給、やおら思い出したように上富良野のとほ宿『旅の途中』に電話しました。
この旅で初となる相部屋で泊まれることになり一安心。

3時の電話でしたがギリギリ夕食の支度に間に合う時間だったとか。危ない危ない。


無料の旭川紋別自動車道を利用し、しかし有料になる境目の比布ジャンクションから先も少しだけ乗って、旭川北インターで降りて市街地をサクッと抜けて美瑛に4時30分。

地図やガイドブックにはセブンスターの木だとかマイルドセブンの丘だとかアレコレ載っているんだけど、あの辺りはどこをどう走っても良いと思います☆
もっと言うと美瑛を飛び出しても上富良野まで行っても同じです。
で、本当に適当に走った映像です。
中盤出てくる並んだ木がマイルドセブンの丘なんですが、すっごいカメラマンの数。




5時45分、見事な濃い紫のラベンダー畑に誘われて寄った『かんのファーム』、
P1030060.jpg


丘を登ると姿を現す夕日に照らされた十勝岳。
P1030064.jpg


ジェットコースターの道の横にある去年も泊まった今日の宿『旅の途中』に6時過ぎに到着。
P1030067.jpg


長くなったので今日はこの辺りで。次回は楽しかった宿の記録☆

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ「怪しいバナー」とか言うヒトがいましたし、昔の自分もそう思っていましたが、単に『にほんブログ村』へのリンクボタンです。押していただくと同時に一票になります。いつも10位以内におらせてもらい、ありがとうございます。m(_ _)m
この記事のURL | 2009北海道ツーリング | CM(10) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
ツーリングに拭くピカ持って行ってるんですね(笑)

北海道・・・・どこを走っても気持ちいいでしょうね~。

旅もいよいよ大詰めですね。

ラストの壮大なネタを楽しみにしてますよ(^O^)
2009/08/03 17:36  | URL | HORI-G #vqm8JHu.[ 編集] ▲ top
-  -
お約束?のかい~の~ですね。
お店から出てくる人の視線が痛そう。「暖かくなると○なのがおるのぅ~」みたいな?
しかし、それでも実行する銀さんステキですw


むぅ、道が良いですねぇ。だんだん行きたくなってきたじゃないですか。そのうち連れってね♪



さて、トドメのネタはなんだろう?ワクワク
2009/08/03 17:53  | URL | すきやき #AIlHpmOk[ 編集] ▲ top
- HORI-Gさん -
ロングのときは拭くピカ持参です(笑)
いつもキレイなバイクで走りたいのと、写真の見栄えのために(笑)

でもこん時はヒドかったです。
マフラーなんて泥のせいでブリキみたいな質感になっちゃって…。

ラストにはネタは無いんです。
でも読んで下さる皆様にはあまり関係なくて申し訳ないけど、最終日には天然のドラマが待っていました。
笑いの神はいませんでしたが、ツーリングの神が降臨したんですよ☆
2009/08/03 23:48  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- すきやきさん -
かい~の~、さすがに周囲の視線が気になって、中途半端な出来ですね(*_*)

開陽台の宿で出会った大阪の二人組も歓心してましたが、北海道の道は広いです。
多分雪が積もってもある程度なら脱輪しないように?

勿論ワインディングも例にもれず☆
さらに景色と、道沿いの熊笹やラワンぶきや白樺や這い松…、澄んだ空♪

景気さえ良ければ、「仕事辞めてでも行けば?」って言いたくなるほどの感動がありますよ。

さあ、次はすきやきさんの番っ!
2009/08/04 00:01  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
-  -
う~ん、どの道も気持ち良さそうだ~!
次に長期休暇取れるのっていつかな~って考えちゃいますね。
でも北海道行くならオフ車が欲しいな~
なんてね♪
全てが暴走・・・もとい、妄想ですが(笑)
2009/08/04 01:23  | URL | おいち #-[ 編集] ▲ top
- おいちさん -
イイよね、北海道のオフ車☆
ボロボロDTで良ければ貸しますよ。

実は次の記事のキーワードが飛び出して、ドキッとしましたよぉ(・・#)
2009/08/04 08:17  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
-  -
駐車券のお心遣いありがとうございます。

私はその日、摩周湖で念願のじゃがぽっくるをGETし阿寒横断道路へ。

雨には降られなかったものの双湖台は真っ白。

休憩は阿寒湖までのばす事にしました。

銀さん。ルートの変更正解ですよ。

その後、行きのフェリーで知り合った札幌のライダーの教えてもらった高原をみつけに上士幌まで・・・。

大体このあたりと言われた高原はみあたらず・・・(涙)。

意外と時間に余裕があったので三国峠と狩勝峠と迷いましたが、その日はお気に入りの宿だったので宿でゆっくりしょうと狩勝峠へ・・・。

あんなに三国峠が天気が良かったのなら三国峠もすてがたかったな・・・。

でも狩勝峠はパーキングをみそこねて十勝平野一望のチャンスをのがすほど気持ちよく走らせてもらいましたけど・・・。(笑)

美瑛は天気が良かったんですね。

うらやましい。

私は早朝の小雨でテンションさがりぎみ・・・。

でもある意味パッチワークの丘ひとりじめ(!?)でしたけどね・・・。


2009/08/04 20:59  | URL | 黒姫 #-[ 編集] ▲ top
- 黒姫さん -
狩勝快走できたのでしたら三国も欲張っちゃいけません(笑)
それに三国回りだと、富良野入りまで大幅に時間かかりますしね(^_-)

コメントを読んでいると全体的に今回の北海道、満足されたようですね。

あの日、美瑛は晴れましたが、○い池のために翌日こそ晴れて欲しいと願いましたが…、
果たして…!(笑)
2009/08/05 00:44  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- すし -
サンマの握りとは魅力的な。
いいですね~ソロツー。
気ままにぶらっと。

でも宿が見つからない!って事はないんですか?
2009/08/05 22:30  | URL | 華子♀ #-[ 編集] ▲ top
- 華子♀さん -
北海道に限らず、そこそこの町の駅前に行けば観光案内で宿を聞いてくれるのは周知のとおりですよね(^_-)

北海道では特に、当日駆け込み用に枠を空けてる宿が多いという噂を何度も耳にしました。
極寒の冬や熊など、下手に野宿する人をなくすためだとか。

広大な北海道では距離も稼ぎやすい反面、距離感も狂いがちですし、観光や絶景に事欠きませんからつい時間を食われたりして無理もしがちです。
その日の昼頃まで過ぎれば、大体どれぐらい行けるか見定められますから、当日予約というのは北海道では有効かもしれません。
2009/08/05 22:47  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://b5fj7dy.blog32.fc2.com/tb.php/247-f2566b18

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。