2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
志賀高原へツーリング(アーカイブ)
2008/06/19(Thu)
今日の記事はのぅ、去年夏の「お泊りで志賀高原ツーリング」のときのものじゃて。
人の記憶は劣化するでのぅ。けれどもデジタルっちゅうのは劣化しないものなんじゃそうな。
メイ・リンやオタコンの妹もそう言っておったでの。
わしゃ、ツーリングさ行ぐ時も、カメラは持って行ったり持って行かなんだりじゃ。
こん時はカメラも持って出かけたでのぅ、せっかくじゃからウェブ上にログっておこうかの。

2007年9月4日(火)晴れ、今週は1週間の夏休み~。でも訳あって、あんまり派手に遊び呆けてもいられないのさ~。何故かって?まあ、家庭の事情ってことにしておきましょ~。
1.jpg

朝、僕にしては珍しく早く出発。恵那サービスエリアの写真は8時10分だって。ノボリが写っていますが、何を撮りたかったのか自分でも解りません。
平日の中央高速はすいています。今日の宿は長野県白馬方面の、「ぽっぽのお宿」というとほ宿です。
とほ宿とは、旅人宿とも言い、旅好きな主人が経営する宿のことでして、とほネットワークとしてインターネットであったり、ネットワーク誌「とほ」や「なまら蝦夷」を発刊しています~。数としては圧倒的に北海道が多いです。男女別相部屋スタイルで、みんなで食事や外湯、星空散策などに出かけたり、イベントがあるところも珍しくないので、一人旅には楽しい宿です~。感覚としてはユースホステルが少し豪華になった版、ってトコでしょうか。僕が泊まったとほ宿では、必ず夕食後に酒盛り大会がありました。そういうノリが嫌いで独りユックリしたいのだ、というヒトには向いていないかもしれませんねぇ。

さて中央道を中津川で降りて、国道19号線で少し北上。
3.jpg

4.jpg

初めて通った馬籠峠。
5.jpg

長野県飯田市側に出て、メジャーな国道を避けて、1本西側にあるりんご畑の続く広域農道を延々と北上。6.jpg

今でも覚えているけれど開放感のある良い眺めの道でした~。
高速のICに近い所も通ったんですが、案内表示に「ETCレーン通行不可」とあったので高速には乗らず、結局ずっと下道を走ったのでした~。下道も楽しかったですよ。

諏訪を越えるころ、高ボッチ山でも行こうかという考えがチラッと頭をよぎったものの、先を急いでしまったことを今になれば後悔。

松本市街の暑いこと。でも、松本城は押さえておこう。城の北側の有料駐車場は、バイクはタダで停めさせてもらえました~。
7.jpg

まだ2時15分。宿に直行すると早すぎます。行き当たりバッタリなので、コンビニで、そういえば昼飯まだだったのでパンでも食べながらマップルで行く所を探しました。
暑くて汗かいていたので温泉に入りたい。マップル上に幾つか載っている温泉マークから、勘で、安曇野方面の温泉に決めました~。田舎だから道は簡単。
9.jpg

1軒だけの温泉旅館。地元らしきヒトが多いみたいな気がします。
露天風呂はなく、小さめの風呂と昔のカンジの扇風機などの設備。従業員のカンジは良かったですが、取り立てて勧める材料はありませんねぇ。アクセス路は良いとかそれぐらいです~。
8.jpg

長野といえどまだ9月、風呂から出てもまだ外は暑いですぅ。メッシュジャケットとはいえ、また汗かきそうですぅ。ど~せ、宿でまた風呂に入るだろうからイイんですけどね~。
しかしこの安曇野のあたりの畑や田んぼ、ポプラみたいな高い木と山の景色が自分の好みに合います~。田舎にもいろんな風情がありますもんね~。
10.jpg

宿は木崎湖から少し西に入った大町スキー場のリフト乗り場の正面にありました。シーズンには間違いなく玄関から滑って行けますね。
まだ少し明るいので、宿の場所だけチェックして素通りし、クネクネ道に入ってみたら、青木湖に出ましたよん。少し南下して木崎湖そばのコンビニで、宿でのおやつを買い、暗くなりかけた頃チェックイン。
11.jpg
12.jpg

宿泊客は僕だけだそうです。さびしいなぁ。
ご飯はなんか統一性もなく、いろんな物が沢山出てきてお腹いっぱいです~。出し過ぎでしょ、絶対。
ご主人は、飲んでいなくても酔っ払っている風のヒトで、よくしゃべるしゃべる。
身の上話から阪神タイガースの話、他の旅人宿の主人の話など。宿には中学生くらいのお嬢さんも声が聞こえる所にいるのに、異性の話やら下ネタやら、こっちが心配してあげるよぉ。
酔っ払ったころ、宿の電話が鳴りました~。明日の予約のようです~。女性の一人旅のようです~。ご主人も気を良くして「駅に着いたら電話してね~。ベンツで迎えに行くからね~。」などと、おおよそ初めての客に接するとは思えない口の利き方でした~。僕ならもうすでにこのヒトがこんなカンジのヒトだって解ってるからイイけど、明日キャンセルされるんじゃないかと、また余計な心配をしてあげました。

そろそろ飲み終わろうかという頃、ご主人が僕に「さっきの予約の電話、聞いてたでしょう?何時に駅に着くって言ってた?」・・・おいおい、メモしとけよ。もうしょうがないヒトだなぁ。そして「明日どこ行くの?都合つくんなら明日も泊まりに来なよ。若い女の子と知り合いになれるよ。」って、あ~た・・・。まあ、今日みたいな調子で飲めばきっと楽しいだろうけどね~。
丁重にお断りして就寝。

明けて水曜日。どんよりと曇っていますぅ。なんといっても驚きなのは、朝肌寒いこと。陽の差す日中はあんなに暑かったのにね~。外でタバコを吸っていると、工事現場に向かう風のクルマがやって来て、4人のおじさん達が降りてきました。朝ごはんをここで食べるんですね~。そっか、喫茶軽食の看板も出てますもんね~。

テレビの天気予報を見ましたが、どの地方を見ればいいのか判りません。北海道の空知支庁とかいうのと同じレベルでチンプンカンプン。北部とか南部とかじゃダメなわけ?どっちみち今日はグズつく空模様・・・。

朝8時、宿のご家族に見送られて出発しました~。今日のハイライトは志賀高原です~。まずは長野市に向かいます~。
13.jpg

天気はもちそうかも。さすが晴れ男。県道31号線(通称:オリンピック道路)は何気なくキレイな景色の連続で、交通量も少ないしメッチャ快適ぃ~。
14.jpg

長野市街に入る前に、川中島の標識が目に付くようになってきました。今年の大河ドラマは風林火山、地元はさぞ盛り上がっていることでしょう。10時ジャスト、人生2度目の善光寺。駐車場のおじさんも優しくココに置きなさいって具合で勿論バイクは無料。8月いっぱいまでは凄い人出だったんだって~。
15.jpg

長野市街をあとにして、志賀高原の入り口まで来ましたよぉ。やっとココまで来たかぁ。思えば10年以上前、入社したころ組合のスキーツアーで北志賀竜王スキー場に来て以来のコッチ方面。
志賀高原道路目前の道の駅でとりあえず休憩し、何気にマップルを見ていると、すぐそこにお猿さんの入浴でも有名な地獄谷温泉があることに気がつき、時間も大丈夫そうなので寄っていくことにしました~。
16.jpg

野猿公苑と共同の駐車場にCBR1000RRを停めて、貴重品とタオルだけ持って温泉・・・・・って何処?
これを登るんデスカ?
17.jpg

山の中を数百メートル歩いて歩いて・・・
18.jpg

ふう、やっと着いたみたい~。こりゃ帰り道に絶対汗かいちゃうだろうなぁ。

日帰り入浴は700円くらいだったかな?入り口で靴を脱いで、建物内の階段を降りて行くと、なんとも味わい深い温泉。
19.jpg
20.jpg

内湯は男女別。露天風呂は混浴~。のぞいて見たら誰もいないようなのでカメラを手に露天風呂へ。焼けたコンクリートが素足にアッチッチ。
22.jpg

素敵な露天風呂に独りで入れるこの気持ち良さ。あ~極楽極楽ぅ。・・・・・ん?

猿が谷に架かった電線を渡っているぢゃないデスカ~!
ここが地獄谷温泉であることを実感ん~。
21.jpg

湯加減は程よく熱めでイイ気持ちでした~。熱過ぎれば水を入れるホースがあった気がしました~。

そして案の定バイクに帰るころには汗だく。
22-2.jpg

でもすぐに汗は引きました。
志賀高原に上って行くほどガスってきて、すっかり五里霧中。
道はイイあんばいだし、晴れていたらきっと良い眺めのはず。
カッパを着ていると、通りかかったハヤブサのツーリングライダーが手をあげて通り過ぎて行きました。
「ダメだこりゃ・・・。」「・・・ねぇ・・・。」そんなテレパシーがお互いに通じ合った挨拶だったはずです。
( ↓ サムネイルなのでクリックして見てね~。)
23.jpg

万座ハイウェイも鬼押出も雨に煙っており・・・・。(くっそ~、地獄谷温泉んときは、あんなに晴れてたのにぃ。ちぇっ、ちぇ~だ。)
24.jpg
25.jpg

雨のツーリングが続くようなら、マジで、ぽっぽのお宿に今夜も泊まろうかと思ったものの、台風接近により明日は確実に雨だと分かっており、ここいらから帰宅する方向に向かい出しました~。
小諸のあたりから雨もあがって、以前から母が行きたいと言っていた懐古園の案内看板を見つけました。今度クルマで連れて来てあげよう。
諏訪インターから中央高速に乗った頃には、あたりは真っ暗。
駒ヶ根SAで初めて食べたソースかつ丼は、予想を裏切り上等のヒレカツを使っていて満足。このパワーでコンタクトレンズの乾きも何のソノ、中央高速→名古屋高速→東名阪を走り抜け、10時か11時ごろ帰ったんじゃなかったっけかな?お土産は何だったかなぁ?覚えてないなぁ。
26.jpg

2日目はカッパを着たり脱いだりを繰り返したし、地図を開く回数も多かったせいか、思ったより時間食っちゃいました~対して1日目は時間が余り気味だったので、宿泊地の設定をミスったかもしれません。この反省を次回に生かしますぅ。
 ↓ みーかつ親分のマネ(サービスショット)
28.jpg
この記事のURL | 関東甲信越へツーリング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
昇進旅行ですか・・・私は昇進しないようにしないと。ププッ


一人旅・・・羨ましいなぁ。私がシングルライダーだったら。
色々と・・・いやいや4発だから・・・・
ツインのときは・・・・まぁ
過ごしてきた時間だからね。ちょいとだけ羨ましい。
2008/06/20 08:46  | URL | Water? #-[ 編集] ▲ top
- Water?さん> -
良いパパ・良い夫してますか~?

先週の称名滝?地図で見ましたよ~。
めっちゃ遠いですやん。
ご家族のご理解に感謝しましょー。

3月にもアーカイブ記事があるので、
良かったらご覧ください~。
3/1 筑波、3/2 四国、3/4 餘部鉄橋、
3/5 大井川鉄道、3/6 白川郷、です~。
カレンダーの≪マークで戻れますぅ。
2008/06/20 09:12  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://b5fj7dy.blog32.fc2.com/tb.php/35-b66b5d9f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。