2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
タイヤはいつも滑っている説
2010/06/10(Thu)
テレビや新聞でバイクの事故を見かけても、正直せいぜい「あ~あ~気の毒に、自分も気をつけよ。」程度しか思わないのですが、身近に起こった事故をうけて、いろんな合間にいろんなことを考えたりしてしまう自分がいました。

運転技術のことやお金のこと、仕事のこと、世間の目、肉親のことなど・・・。

今日はその中から、コーナリングについて漠然と思うことを問題提起したいと思います。
でもこれを読むと、タイヤへの信頼感が薄れてビビリ・疑心暗鬼などのマイナス心理が現れて、不必要に考え事をしてしまったりペースが乱れたり、逆に危ないかもしれません。

ただ、私は、皆さんを戸惑わせようなどとは決して思っていないのが本心です。
せっかくブログを開いているので、前々から思っていることを文面に表すだけです。
ですが如何せん素人で、なおかつ偏った思考傾向にあると自分でも自覚する私が述べることなので、鵜呑みにしないで皆さんの知識と経験でもってあらためて考え直して「それは違う」「本当はこうだ」と思ってもらいたいと思います。

そしてもしよろしければ、みなさんのお知恵をお教え下されば、と思っています。

それでは本題に入ります。以上のことを踏まえて読んでも差し支えないと思いましたら、下の続きを読むを押してください。
.
~~~本文のつづき~~~

【グリップするタイヤは存在しない】・・・と思う(笑)

よく「タイヤのグリップが」という言い方をしますが、これって本当なのでしょうか?
グリップの定義次第と言われればそれまでなのですが、私の場合、グリップを過信するどころか下に述べるように疑いが強すぎて、超臆病な走りに終始してしまうのです。

どういうことかと言うと、強力にグリップしてたら、タイヤ自体が転がらないと思うのです。つまり、タイヤの接地面と路面がガッチリ噛んでしまって動かないのでは?と。
それが路面がチョット傾斜しているだけで、いとも簡単に動くなんて、所詮ただ接地しているだけではないかと思うのです。

百歩譲ってタイヤが転がるのは置いておいても、じゃあ今度は曲がれるってどういうこと?と言う疑問が頭をもたげて来ます。

一般的に、おそらく世界で最高のグリップ力を誇るであろうタイヤといえば、自動車のF1の予選用タイヤを思い浮かべるのですが・・・
では何故F1はコースイン出来るのでしょう?
ピットの建物からピットレーンに直角に曲がって出て行くことが出来るのでしょう?

銀さんの理屈ではフロントタイヤも滑っているのですけれど、これも百歩譲ってフロントは良いとして、ステアしないリヤタイヤはジリジリと滑って行かないと直進状態を保とうとして、今度はフロントタイヤを押してピットとホームストレートを隔てるコンクリートの壁に激突せざるを得ません。

言っている意味が分かるでしょうか?
前輪は斜め右を向き、後輪は真っすぐ前を向いている状態です。

イメージではF1は後輪のタイヤの方が直径が大きく(接地面積も大きく)、駆動輪ということでトラクションもかかっており、前輪よりグリップ力が大きそうに見えます。
ですから前輪と後輪の向きが異なる状態では、後輪が勝って真っすぐ動いてしまうと思うのです。

実際はもちろんフロントタイヤの向いた方向にリヤタイヤもくっついて行くところを見ると、あのF1のリヤタイヤですら時速10km/h未満ですでに滑っていると言うことだと思います。
ただこの状態を「グリップを失っている」と言うつもりはサラサラありません(笑)

ただ、「ごく弱い外力によってでも、タイヤはイザっている」と言えるのではないでしょうか?
ですから、路面に砂やオイルが浮いていた、小石が散らばっていた、パワーをかけ過ぎた、トラクションが抜けた、路面にギャップを拾った、横風を受けた、エンブレやブレーキでタイヤがロックした、周囲のクルマやバイクと接触した・・・
などの外的な作用でいとも簡単にタイヤと路面の蜜月関係は終わると言えるのではないでしょうか?


後輪が前輪に追随しようとして結果的に前輪の内側をトレースして行くこの現象を、「内輪差」と呼ぶのだと理解しています。
そしてこの内輪差が生じてクルマとタイヤに作用している理屈を「コーナリングフォース」と呼ぶと理解しています。

F1のコーナリングのように超高速で曲がっていくときでも、一見前後輪が同一線上にあるように見えて、厳密には後輪は前輪の内側をトレースしているはずです。
クルマの後輪が前輪より外側をトレースするとき、それはドリフト状態の場合に限るのであって、それは誰もが認めるであろう「後輪が滑っている状態」です。
後輪は内側に行きたい、前輪は外側に行きたい。車は前輪の向く方に進み後輪は滑る・・・。
普段グリップ走行と呼ばれる前輪が内側、後輪が直進方向に行きたい、も、車は前輪の向く方に進み後輪は滑っているのではないでしょうか?・・・。


では我々のバイクはどうなのか?

極低速で角を曲がるときなどのように、車体が立っていてハンドルを曲げて(前輪を曲げて)曲がるようなスピードでは車と同じ内輪差が生まれてそのコーナリングフォースによって曲がって行きます。
すなわち私の理屈では極低速のバイクでも後輪が滑っています。

もうチョット高いスピード域では、車体を立てたままハンドルで曲がるのは困難で、バイクの場合車体を寝かせて曲がるのが自然な形です。この寝かせたバイクとタイヤに作用する力を「キャンバースラスト」と呼ぶと理解しています。
この、バイクを傾けて曲がっているときも、ハンドル(前輪)は自然と内側に切れているのです。
つまりキャンバースラストと同時にコーナリングフォースが働いていると言えると思います。

でもキャンバースラストだけではバイクは曲がらないとも理解しています。
この自然な状態をライダーの意思でハンドルを真っすぐに作用させれば、バイクは傾いていても真っすぐ走ることが可能ですが。(例えば自転車や軽いバイクを水平近くまで倒しても真っすぐ押して歩けます。)

キャンバースラストだけでは曲がらないバイクも、コーナリングフォースと組み合わさることで曲がっていく。
しかもキャンバースラストは力を増す(バンク角を深くする)ことでより小回りする力を発揮する、とても不思議なメカニズムです。

ところで、キャンバースラストが強い力を発揮しているとき、すなわち多少なりとも舵角が付いていて(コーナリングフォースが生まれていて)バンク角が深い状態では、なんと後輪は前輪の外側をトレースしています。
さっきまで、もっとスピードが遅くてキャンバースラストが弱い(バンク角が浅く舵角も大きい)ときは、内輪差が生じていたにも関わらずです。
どこかの領域で、多分キャンバースラストがコーナリングフォースを上回った瞬間だと思うのですが、後輪の通る軸が前輪のそれより外に移動するということでしょう。
ドリフトさせれば瞬時に後輪は前輪の外に出て行きますけどね(笑)

内輪差のときも滑っている、外輪差(という言葉があるかどうか知りませんが)のときも、前後輪の向きが異なるのには違い無いわけですからやはり滑っている、すなわち走行するバイクのタイヤも滑りっぱなし!?

これが私の結論で、普段は大過なく結果的に地上を走れているだけだ、と思うのは・・・極端ですね(笑)
そこまで極端に考え出したら乗れたもんじゃありません。

それは分かっているのですが、終始(自分の)理屈では滑りっぱなしのバイクと上手く付き合っていくには、タイヤに多少臆病でも良いのかなぁ、と思います。過信もダメ、怖がりすぎてもよろしくなさそうですし、過ぎたるは及ばざるが如し、ってやつでしょうか(笑)

銀さんの戯言にお付き合いくださり、ありがとうございました~☆


銀さんにも1票くださいね~☆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


この記事のURL | CBR1000RR | CM(43) | ▲ top
コメント
-  -
????(ーー;)?????

タイヤのグリップは存在する!

それが動くのはそのグリップ力よりも強い力で駆動させているからに違いない!
そしてそのグリップ力を駆動力の力が勝った時にタイヤがすべる・・・
またコーナー中にグリップ力に対して駆動力(推進力)が弱くなった場合、ハイサイドが起きる!

だからコーナーに対してはグリップとアクセルワークが重要なんだ!!!
と認識してるのですが・・・

あくまで超個人的意見です!
そんな力学の本読んだことないし(笑)

どちらにせよ・・・過信、慢心はダメですよね(^O^)
2010/06/10 17:21  | URL | HORIーG #vqm8JHu.[ 編集] ▲ top
- 深いっス -
色んなことを考えてるんですね。あと慣性と遠心力が加わってきますね。あ、コーナリングフォースに含まれるのか。

理論で言えば滑ってるのが正論だと思います。ただ、スリップ率は非常に微細なもので実質、路面を捉えてるというのが現実ではないでしょうか?

摩擦係数の高い、いわゆるハイグリップタイヤを履くのは僕らの中では「保険」という捉え方をしています。普通に走るだけなら普通のタイヤでいいのですが、いざというときに急制動や急旋回を確実に出来るのはそっちですから。って話をつい2,3日前にMasaちんとしてました(爆)
2010/06/10 18:27  | URL | まち #9L.cY0cg[ 編集] ▲ top
- ども(^^)/ -
うぅ~ん…
ソコまで深く考えた事無いですね……

常に滑る物とは思ってますが、
実際 走ってる時は…(-.-;)
2010/06/10 20:05  | URL | kenken #-[ 編集] ▲ top
-  -
難しいことを考えてる銀さんに一票ポチw

ワタシはあんまりタイヤがグリップしてる~とは感じてないので大丈夫ですw
いつもビビリまくりですからwww

まぁタイヤが路面と摩擦して、タイヤ側のゴムが溶けることによって推進力を得て走れてるとは思ってます
その度合いがグリップ力ってことなんでしょうけどね
(よくわかってない人w)

難しいこと考えたら頭痛くなってきたwww
2010/06/10 21:48  | URL | レイニイ。 #tMW6SJuE[ 編集] ▲ top
-  -
すごく深く考えてますね。

私は滑るって感覚よりタイヤが逃げてるって感覚です。
昔とちがって今のバイクは50扁平が主流になってきてるのは扁平率を変える事によりタイヤの逃げを減らしてくれてるのだと思ってます。

銀さんは苦言してくれてるんですね。
身を摘ままれてる気がしました。

バイクにはリスクが大きい乗りもだと思ってますが、
でも、バイクが好き、峠も大好きなバカ野郎です(笑)
2010/06/10 22:08  | URL | もも吉 #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- 漢はだまって直結!直キャブ -
深く考えた事はありません。専門用語が出てきて短絡中・・・・。ブスブス


ハイグリップタイヤ程、タイヤの回転抵抗は高いのでしょうか?タイヤが回転するにはなんの摩擦も発生していないと思います。とはいえ、何かしらの回転抵抗はあるでしょうけど。
グリップ=摩擦とおもってるのですが、それに加重が作用する訳で・・・・ヨーワカラントデス



車が曲がるのはタイヤが転がろうとする力(転がされる力も含む)がハンドルを切ることで向きが変わるからではないでしょうか?
とはいえF1等はデファレンシャルギアが無い訳ですからリアタイヤがどちらかスリップしないと曲がれませんね。
なのでコーナリング中は大小の差はあれど滑っているで正解ではないでしょうか?


むぅ、今回の議題は難しいとです。
どーみても、コスプレしたりティンティン公開したりしている人と同一人物とは思えんです。w

さては銀さんの偽物だな!さしずめぎんさんってとこか?
2010/06/10 22:09  | URL | すきやき #AIlHpmOk[ 編集] ▲ top
-  -
慎重なのはいいですけど
考え過ぎると胃に穴が空きますよ。

正解を言うと「100%グリップするタイヤは存在しない!」です。

タイヤは滑りながらグリップするものです。(乱暴?)


失礼ながら一点、指摘させていただくと
内輪差とコーナーリングフォースの関係

間違ってますよ。
2010/06/10 22:35  | URL | とりあたま #WCSj23LI[ 編集] ▲ top
- 追記 -
度々すいません・・・

僕はタイヤのすべりはオフで克服しました。

ダートに比べりゃロードなんて全く滑らないと思ってます(笑)

ダートなんて滑らせて曲がりますもんね。

ってさっきのとあわせてなにが言いたいのかよくわからなくなってきたのでこの辺で・・・m(__)m
2010/06/10 23:19  | URL | HORI-G #vqm8JHu.[ 編集] ▲ top
-  -
む、むずかしすぎる…

こんな難しい内容を理解する知能もやる気もナイですが、
私も常々ギモンだったんですよね
たまに考えては
「目に見えないくらいちっちゃい粘着テープがいっぱいあって、常にどれかが粘着してる!」とか
「ゴム製の繊毛が横に流れる力に必死に耐えてる!」とか
おこさま並の結論に達してます(笑)

こんな感じで全く理解してないので、
一度滑った感覚があると一気にテンションダウンです…
2010/06/11 07:46  | URL | あお #6ksC9Gz6[ 編集] ▲ top
-  -
おひさしぶりっす。
元気っすか?(ブログを見てりゃ解るか^^;)

さてさて、
タイヤが滑っているっていう論理ですが誤解されているようなのでヒトツの光を射してあげましょう(オホン)

タイヤがゴムであるのはなぜか。
地面との摩擦係数を大きくして地面を掴む力を大きくする、という理由以外にも、
「ねじれ」
という現象を利用するためです。
車が曲がれるのは滑っているのではなく、接点がねじれているだけ。
このねじれも分子の運動のひとつですから、つまりは熱を発します。
ですから、コーナリングを繰り返したタイヤは熱くなるんです。
しかし、ねじれる許容範囲を超えた時に初めてタイヤはすべり始めます。
グリップ力を感じる・・・ということはこのタイヤのねじれた感じが伝わるということでもあるんです。
ですからコンパウンドが硬いとねじれが小さいのでグリップ感が希薄になるんですね。
金属のタイヤであれば銀さんの疑問は最もなんですがね。

解決のヒントになれば幸いです。
2010/06/11 08:32  | URL | びっとまん #b5.M5V.g[ 編集] ▲ top
- HORI-Gさん -
惑わせて悪かったですね(笑)

グリップはしてますね。でなきゃ進めないもの(笑)

ハイサイドの理屈はともかく(←ともかくかいっ!)、僕も昔DTでハイサイドっぽくなったことは何度もあります。あれがCBRで起きたらと思うと立て直す自信ありませんが。

僕も理屈っぽいわりに本とかネットで調べないんですよぉ。

そうですね。こんな自分でも慢心してるときがありますからね。
2010/06/11 10:20  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- まちさん -
理屈っぽいんですよね。わかってないくせして(笑)

でも遠心力を感じるのも好きです(笑)

毎回タイヤ交換するときにバイク屋さんと履くタイヤの選択の話になって、ライフは短くなりますけどやっぱり保険の意味でハイグリップ系の銘柄に落ち着いています。

あ、私の理屈は「浅はか」なのにネットでまき散らしてちょっと反省です(笑)
2010/06/11 10:26  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- kenkenさん -
なんか最近、わからないくせに幾つかバイクに関してこだわって考えていることがあります。

DTのときは滑るほうが楽しかったですが、CBRでダートに入ったら、怖いのなんのって(笑)

実際走ってるときは普通に景色見たり、オネーチャン見たりしてます(笑)

2010/06/11 10:29  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- レイニイ。さん -
とりとめなく、わけわからんこと考えてる銀さんです(笑)

昔、誰の何のセリフだったか、「臆病すぎて丁度いい」っていうのがありまして、僕の好きな言葉の一つになっています。

僕には変形すると熱を持つっていう理屈もよく理解できません(笑)
完全に頭が文系です。

僕は変な時間に昼寝すると頭痛くなります(爆)

2010/06/11 10:34  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- もも吉さん -
いえいえ、すごく深く泥沼にハマリこんでるだけなんですよ(笑)

メカのことなんかもバイク屋さんとかに聞けば解決しそうなことが幾つかあるはずなのに、バイク屋に行っては下らないバカ話して帰ってきちゃったり・・・。

へぇ~、なんで扁平になってきたか、あんまり考えたことなかったです(笑)
クルマはホイールが大きくてカッチョイイとか思うぐらいですけどね。

苦言だなんておこがましい(笑)
自分が捉われている不安材料を披露して皆さんの意見を聞いてみたかっただけです。
もも吉さんにはもも吉さんの理論と経験と技量がおありなのですから、楽しく走れればそれが最高!ですよね☆ イケイケで!(笑)
2010/06/11 10:49  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
-  -
転倒を目の当たりにしたのですね。。。
そしてタイヤの話に・・・OFF出身の銀さんともあろう方が
変わった迷宮に足を入れてしまったように見えますよ。

タイヤの溝は残っているのか。
タイヤのゴムは生きているか。
タイヤの空気圧は路面に適正か。
タイヤはちゃんと暖まっているか。

これらの要素を銀さんは普通に当たり前のように管理しているはず。
それはタイヤがゴムと空気で出来ていると知っているから。

バイクはリスクがあるのは当然と理解している。
峠も必要以上に走る必要はないだろう。

しかし反面、非日常世界への開放!
目的地に着いた時、壮大な景色を見た時、仲間との感動!バイクを操る楽しみ!
バイクという不完全な乗り物は楽しみもリスクも両方兼ね備えていると理解しているだろう。

転倒を経験、または見てしまうと日常へ一気に引き戻されてしまうのは十分理解できる。

そんな時は一生懸命悩むのもいいかもしれません。
ただご友人はバイクなんか一生乗らないと言っているでしょうか。。。

色々な考え経験を背負って更に熟成したライダーになっていくと私は思います。
2010/06/11 10:50  | URL | Water? #-[ 編集] ▲ top
- こんばんは。 -
わ・・・
わたしには・・・
この長文・・・
ま・・・
眩しすぎて・・・
最後まで読むのを断念してしまった・・・
キャラメルマンです!(爆)

どちらかと言うと・・・

「今日はグリップある」
「今日はなんか安定感がイマイチだから無理しすぎないように・・・。」

と、感覚だけで走らせているキャラメルマンでした。

この辺の事は、飲んだ時でもゆっくり聞いてみたいですね~っ!!

2010/06/11 11:40  | URL | キャラメルマン #OsxfS.ZQ[ 編集] ▲ top
- いいと思います -
悩んで当然。考えるのは悪いことではないと思ってます。

僕の好きな言葉?に「無知は進歩の妨げ」があります。考えて理解したときに初めて進歩があるのではないでしょうか?

あと好きな言葉は「楽して儲ける」です(爆)
2010/06/11 13:01  | URL | まち #9L.cY0cg[ 編集] ▲ top
- すきやきさん -
いやあすいませんねぇ、分かってない人がツラツラと長文で書きましたのでね(笑)

そうそう、荷重とか抵抗とかいろいろありますね。
抵抗と言えば、DTのとき面白いと思ったのが、オフロードって摩擦係数(?)は低いのに石ころとか抵抗は大きいっていうこと。←何が面白いって?(笑)

デフのことって、バイクではすっかり忘れてました。
ラジコンでもデフがついてるのとかあるんですよね?

今回、お題が銀さんらしくないですか?
いつも違うものをこすることばっかり考えてるわけではないですよ(爆)
2010/06/11 13:25  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- とりあたまさん -
慎重すぎて楽しめてないと思うこともあります(笑)
どうしようもなく気になって思考が止まってしまうくせに、家に帰ると忘れててググったりしないんですよね、私(笑)

DTのときは滑って→グリップ→滑って→グリップっていうのも操ってる感があって面白かったですし、
一定にやや滑りのままシャララララ~ッと立ち上がっていけたときはもっと快感だった覚えがあります☆

ぬぬん!間違いでしたかっ! そうなると私の理論が根本から崩れてゆく~(爆)



2010/06/11 13:32  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- HORI-Gさん -
いえいえ、度々恐縮と言うかありがとうございます☆

同感です。ダートは全部滑ることが前提で行ってたというか滑らせるのがコワ面白かったですもの!

オンならDTではブレーキロック以外滑った覚えはありませんが、CBRだと何回か不意に滑って怖かったです。
GSから出るとき、中々クルマが途切れなくて少し強引に多目にアクセルを開けて出て行こうとしたら、「ブォ~ンっ!」とエンジンがうなって「ギヤ抜けか?!」と思ったらズルンッとリヤが出て・・・、
フルカウンターではないと思うんですけど、でもハイサイドも起こさず事なきを得たこととか(汗)
2010/06/11 13:42  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- 銀ちゃんの本性が垣間見れる -
記事って感じね(σ人σ)


あたい、ここまで難しい言葉では言い表せなかったけど、
走るたびにいつも考えて考えて
周りが考えすぎだって指摘してたけど
それでも性格だから仕方無かったのよね(σ人σ)

感覚で乗れる人なら必要ないんでしょうけど
自分は頭で理解したかったの(σ人σ)

なんか、この記事読んでて
おこがましいけど
当時の自分思い出しちゃった(σ人σ)シミジミ






2010/06/11 13:49  | URL | よっちゃん #kjnCzIHI[ 編集] ▲ top
-  -
 考え始めると泥沼にハマリソウデスね(苦笑)

 ボクの考えなんですが…

>それが路面がチョット傾斜しているだけで、いとも簡単に動くなんて、所詮ただ接地しているだけではないかと思うのです。

 バンクさせてない走行状態ではタイヤのグリップは前進する為の力を路面に伝える役割ですよね。
 ちょっと傾斜路面でもタイヤが回るのであれば接地じゃなくてグリップしているという表現で良いのかなとも思います。
 グリップしてなければタイヤが回らずにロック状態でそのまま進みそうですもんね(笑)

 …ってそれは「置いといて」って書いてあるから追求することではなかったかもしれませんね。


 コーナリングにおいて前輪は進行方向に正対しているとして(ちょっと強引ですけど)、後輪は各々の車体の構造上の内輪差を作って追従していきますよね

 逆に言うと後輪は進行方向に正対しないまま軸を中心に動いてるってコトですよね。
 前輪駆動ではこのコーナリング時に後輪が遠心力が対して「グリップする」ことで車体が外部に流されるのを防いでいるんだと思うんですが…

 後輪駆動の場合は遠心力に対するグリップと同時に推進力を路面に伝える為のグリップも必要ですしね。
 そして前輪は進行方向へ車体を向けるためにグリップしなければいけません。

 ただし、後輪駆動と言う特性状… 前輪と違い進行方向に正対してタイヤが回転している訳ではないのでタイヤはそれらのグリップを発揮しながら力を伝え力に耐えているって状況だと思います。
 FR車が雪道等に弱いのはそういう理由もあるのでしょうか… 推進力グリップと遠心力に対するグリップの力の方向は全く違いますモンね。

 とはいえ、前輪も遠心力に対するグリップは必要ですしあくまで接地面・方向の話なんですが、
 大型車(四輪)が旋回する時、見てみると普通車以上に内輪差がある為に後輪を軸として曲がる姿が判りやすいです。
 
 ハンドルを目一杯切った状態で旋回すると後輪はタイヤの接地している部分(軸)を中心に回転せずに回るコインのような状態になってます。
 推進力は前輪の向いている方向に働いているとしても大きな内輪差の為に後輪(軸)はタイヤを回ることすら叶わない状況ですね(実際は極僅かずつ回っていたと思います)。
 その状態でも前輪を動かすだけの推進力をグリップしているって言う言い方はおかしいかな…(苦笑)
 
 しかし、この状態で速度を上げていっても少々の速度では車体を安定させたまま旋回することが出来るのでやはり(遠心力に対して)グリップしていると言えるのではないかと思うのです。

 しかしバイクは曲がる時はバンクするためタイヤの軸の側面を使う点が4輪とは異なると思ってますが、それでも「路面への推進力を伝えつつ遠心力に耐えている」…点は変わらないかな。 …というのが何となく思っている事です。

 
 強引にまとめると…

 制動でロックした状態=グリップしてない
 タイヤが回っている状態=グリップしている

 って考えてます。つまり滑っているのとは違うんではないか… って結論です。

 コーナリングフォースやキャンバースラスト等の言葉はちょっと聞いたこと無いので全く判ってませんし、あくまで持論です。
 直感的に思っていることを書いただけなので素人ですから間違っている部分もあるでしょうし、銀さんの疑問に対してずれた意見・回答を述べていそうですから…参考にすらならないかと思います(笑)
 判ってないのに判ったような書き方でとても恐縮してます(苦笑)

 でもこういうの考えてしまう気持ちは判ります☆ ボクも好きですから♪

 3度目の長文失礼しました(爆)
2010/06/11 13:49  | URL | たつ #SIR.BgG2[ 編集] ▲ top
- あおさん -
そりゃ難しいでしょう。書いてる本人がいい加減ですから(笑)

私もメカやバイクにうとくて、年数は乗ってるけど知識はお子様レベルです。
それでも懇意にしてるバイク屋さんが整備はバッチリしてくれるし、おかげで乗れてます。

ライテクは自己流です(汗)

バイクが大きく滑ると私もその日一日超安全運転しないと回復しません(笑)

ブログを見れる余裕が出てきたのでしょうか?結構けっこう☆
だんなさんには好みに合わずに申し訳なかったです←何が?(爆)
2010/06/11 13:56  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- びっとまんさん -
びっとまんさん、おひさしぶりです!
とうとうハーレー美女軍団にはお目にかかれませんでした(爆)
実は健康不安の銀さんです(笑) それは置いておいて・・・

なるほど材質ね~、ゴムね!ねじれね!
その観点は思っていなかったです☆

変形して発熱、というのは知っていましたが、未だに理屈は理解できない文系の私。
でも途中でタイヤが温かいのを触って感じたりすると安心感が出てくる調子いいやつです(笑)

いやあ、ゴムはかなりヒントになったと思います☆






2010/06/11 14:09  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- water?さん -
お久しぶりです!
長くDTでオフを走ってきたつもりが、いつまで経っても(主に臆病なのが原因だと思いますが)上手くCBRを扱えません(笑)

おっしゃるようにバイクの長所と短所両方分かってるつもりで、トータルで面白さの方が勝っているので未だに乗り続けているのは間違いないです。

たまには何で走れるんだ?とか何でこけるんだ?とか考えるときもあります(笑)
それもいっときで、またすぐ忘れるんですけどね。

そうそう!熟成したライダーにね☆ それには命あっての、ってやつですね☆
2010/06/11 14:47  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- キャラメルマンさん -
キャラメルマンさんには、ことライテクとか疑問とか聞ける兄貴たちがすぐそばにおられますから、こんなの読まないほうが逆に身の為でしょう(爆)

自分もバイク乗りの端くれですから、感覚で走ってることが多いかもしれません。
いつも難しいことばかり考えながら乗ってるわけではありません(笑)
でも「今日は乗れてる!」というときも「調子乗ったらアカンアカン」
「今日乗れてないなぁ・・・」というときも「こんな日は乗ってたら危ないんちゃう?」と、いつも臆病な銀さんです(笑)

今度飲むときはムフフな話でも♪
2010/06/11 14:58  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- まちさん -
今回マトを得ていない話にも関わらず、たくさんの方々からいろんなコメントをもらえて、新しい考え方も参考にしつつ、とても嬉しく思っています☆

皆さんのお知恵をお借りしてスッキリしたいことが他にもたくさんあるのでまた色々教えてください。例えばローギヤのこととか。

毎回バイク乗るたびに絶対考えることが、N→ローの「ガッション!!!」音です。
「うわぁ・・・これいつか絶対壊れるわ(汗)」と思いながら、イマイチミッションの構造が解らないせいもあって不安で不安で(笑)
そ~っと入れようとするとガガガガッ!って(汗)
↑ いや、これはまたの機会に(笑)

いい言葉ですね~(爆) じゃあ僕は「食べても太らない」という言葉が好きです(爆)
2010/06/11 15:06  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- よっちゃん -
う~ん。私けっこう理屈っぽいところあるんですよ。
でもわからないところをちゃんと調べる根気みたいなものは無かったり。

考えるのはときに邪魔になることもあろうかと思いますけど(例えば地球が消滅したらどうしようとか、そういうのはいくら考えても無駄なような(笑))、普段乗ってるバイクについて考えるのは、趣味だから「考え過ぎ」てもイイような(笑)

よっちゃんも真面目だったんですね?(笑)

XRが健在とのことで、これからも考えるよっちゃんが見られるわけですね☆
買取業者に出さなくて安心しましたよ。
2010/06/11 15:13  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- たつさん -
こりゃまた長文新記録更新ですな(笑)

グリップしてなければタイヤが回らずにロック状態でそのまま・・・それいただきです☆

たつさん、銀さんをはるかに超えて理屈がお好きそうですね~。
コメントいただいた内容は、自分なりによく噛み砕いて行かないとスグには理解できなさそうですが、F駆動とR駆動など、思いも寄らなかった観点がたくさん出てきててワクワクします!

こういうのは秋の夜長の話題にすればよかったかもなぁ(笑)
2010/06/11 17:28  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- へぇ~・・・ -
よっちゃんのコメントが・・・何か・・・予想外ね。(^^;)

moguraさんが言うには、教祖は反対に長島のように理屈では無く、直感で走ってるようですわ。(^^;)
2010/06/11 20:58  | URL | sukedai #uC1GXkTQ[ 編集] ▲ top
-  -
タイヤって難しいですよね

ってか

不思議やわ

例えば、車体重量200kgで運転者の体重が60kgと
したら、一体どれだけの力が掛かってるんやろ?

スピードとかカーブのRと色々と条件の違いは有るけど
不思議に思う。

それを、食い止めてるタイヤってすごいと思う。



うーーーん 。。。o(゚^ ゚)ウーン

落とし所が難しいコメントになってしまった・・・


このスピードでタイヤが滑ったらどうなるだろう???

と、しょっちゅう

考えてるヤンテルでした m(_ _"m)ペコリ
2010/06/11 21:18  | URL | ヤンテル #YG9ONXHE[ 編集] ▲ top
- 内輪差 -
内輪差発生の原因はホイルベースに有ります。

仮にホイルベースが3Mのクルマがあったとして
前輪を操舵すると後輪も同時に旋回を始めます。

この時、後輪は前輪に対して3M手前の地点から
旋回を開始する状態になるので前輪の軌跡の内側を通過する事となります。

ホイルベースが長くなるほどより手前の地点から後輪が旋回するので内輪差が大きくなります。

では40Km/hではどうなるでしょう?

この場合、クルマには遠心力が働きます。
この遠心力によってタイヤの回転方向と実際の進行方向にズレが生じます。
これを「スリップアングル」といいます。
スリップアングル発生で後輪は前輪の軌跡上を通過します。

さらに速度を上げるとスリップアングルは増大して後輪の軌跡は
前輪の外側を通過するようになります。
これを「ヘッドイン」と言います。(ベッドインじゃないよ)
この状態はクルマが不安定な状態なので各メーカーさんはヘッドインの度合いが最小になるように工夫してるんですよね。
2010/06/11 21:29  | URL | とりあたま #WCSj23LI[ 編集] ▲ top
-  -
本文も皆さんのコメントも合わせて読むと・・・
深いですね。

個人的にはタイヤ(ゴムの柔軟性によって柔軟に変形)と路面間の圧力が静止摩擦力を越えるとスリップするのかな~なんて思ってます。

経験則で滑るかどうかってなんとなくわかるもんですが、CBRでは経験してない(したくない)ので常にビビリミッター働いてます(笑)
2010/06/11 22:08  | URL | おいち #-[ 編集] ▲ top
- sukedai教祖さん -
そりゃ、よっちゃんだってシラフのときもありますわさ(爆)

直感で走れてる教祖は、いつも「乗れてる」ってことかもしれませんね☆

どっちにしろ今教祖の頭にタイヤのこと考える余地は残されていないはず?・・・(汗)
2010/06/12 22:14  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- ヤンテルさん -
書いといてなんですけど、僕も難しい事わかってませんから(笑)

それより、体重が60kgとして・・・

ぼくにもそんな時期があったはず(遠い目)
今の私に、体重60kgを仮定した理論を述べる資格はありません(爆)

タイヤが滑ったら・・・
昔はフロントが滑ったら無理と思っていましたが、エイプだとグニャリウネウネっとなっても力技で立て直せました。正月のヒザ擦りの時に(笑)


2010/06/12 22:22  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- とりあたまさん -
おお!詳しいですね! そっち系のお仕事ですか?

そうそう!スリップアングル!
何か飛ばして書いてると思ってたんですよ。
一応スリップアングルはセットで知ってたつもりだったのですが(汗)

ヘッドインは初めて聞いたことばです。
ベッドインは聞いたことあるって程度で・・・つまり耳年増な銀さんです(爆)
2010/06/12 22:26  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- masaさん -
今度是非! 語りましょう!

でもなんか・・・、酒が入ると別な話しかしないような気がします(爆)

それは冗談としても、masaさんに聞きたいことがたくさんあるのです。
フォームとか座る位置とか、内側のステップへの足の置き方とか・・・

バイクがあるときに聞きたいのでこれはやはり千葉に・・・(滝汗)

Gの感じは今日から早速意識して乗って来ました。
新しい観点だったので、またバイクに乗るときの楽しみが増えたカンジです☆
2010/06/12 22:36  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- おいちさん -
普段そういう話ってあんまりしてなかったのに、皆さん語るとけっこう熱くて驚きました。

ゴムのことについて考える頭が僕には今まで全然ありませんでした(笑)
まあどっちみち深すぎて、真実に到達するのは容易ではありませんが、たとえ答えが出なくても考えただけでも無駄じゃないと思いたいものです(笑)

CBRで滑りを経験するのはリスクが大き過ぎて(汗)
オフ車では自分の限界(100%)超えても「イッテ~!あ、レバー曲がっちゃった、わははは」で済んだんですけどね(笑)
2010/06/12 22:45  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
-  -
それが硬い物質でしたら、銀さんの仰る意味も判りますが、そこはゴムですので、歪みや捻じれが生じます。

またバイクの場合はタイヤに「R」が付いてます。
これはバイクを傾けた時にタイヤ接地面の外側と内側の径を変えるものです。
円すい形の物体を転がすと勝手に曲がって転がりますよね?
理屈はアレと同じです!

私の意見は、バイクはタイヤが滑らなくても曲がる!です!

どうでしょう?


2010/06/13 23:18  | URL | J.P.K #-[ 編集] ▲ top
- JPKさん -
円錐形のものが転がる理屈はとても分かりやすいですね☆

バイクが曲がるメカニズムを備えているのは疑いないのですが、どうにも臆病な私はタイヤに過分の信頼を持ちにくくいました(笑)

今回皆さんにいろいろなヒントをもらって、すこしずつ雪解けになればと思って感謝しているところです☆
2010/06/14 13:09  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
-  -
個人的な意見です。
発進時はリアがフロントを押し出すため、どちらかというとすべり気味なのはフロントだと思いますが、
車速が上がるにつれ慣性が働きフロントがリアを引っ張るので、
そうなるにつれてすべり度(?)はフロントからリアに移る形になると思います。
そこに加重だの駆動力だのが絡んできて、最終的にバイクは安定するのではないのかと…
VFRごときがCBRに長々とすみませんでした(^^;)
2010/06/17 20:36  | URL | 農業青年 #-[ 編集] ▲ top
- 農業青年さん -
はじめまして☆ でいいんですよね?f(^^;

今回の記事での私の見解はまったく根拠もなく疑問をぶちまけただけです(笑)
特別一方的にメッセージも込めてはおらず、なんとなく反応いただけたらそれが狙いと言えば狙いでした。

それに対していろんなコメントをいただけて、嬉しく思ってました♪

車種でもってどうこう私は思いませんよ(笑)
排気量とか性能のことなら、逆に私が若い頃は、大型なんてオッサンか大きいものに憧れがちな女性の乗り物だって思ってましたし(笑)

昔若い頃は、ホンダなんかに負けないぞっ!って目を三角にしてたことはありますが(笑)
あ、今は新型CBRだけはちょっとイラッと来ます(爆)

また遊びに来て、好き勝手コメントくださいね~☆
2010/06/17 21:06  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。