2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヒコーキで北海道随想
2008/06/30(Mon)
むか~し、昔のことじゃった~。「おらぁ、ヒコーキさ乗りてぇ。」
9年前、バイク(DT200WR)を飛行機に積んで北海道へ行ったことがありますぅ。当時、JALの「ツーリングジェット北海道スケッチブックバイクプラン」とANAの「スカイツーリング」がありました~。今は多分ANAしかやっていないようですねぇ。
僕が利用したのはJALなので、ヒコーキで北海道へのアクセスを考えているライダーがいましたら、参考程度になさってください~。

当時はセントレアなどないので名古屋空港のハナシになりますが、バイクを持ち込むJALカーゴという会社は、旅客ターミナルのず~~っと北、ほとんど自衛隊小牧基地の隣に位置していましたから、バイクを預けてから途方にくれながら、汗だくになりながらターミナルまで歩いて行きました。あのとき出来ることなら、先に荷物をコインロッカーに預けるなどすれば良かったです。

バイクを持ち込むのは搭乗の2時間以上前までという制約があったので、朝早い便などは余裕をもった行動が必要でしょうねぇ。
作業自体は、意外とバイクに慣れていた様子で安心して見ていられました。見ていたのはパレット(台)に固定するところまでで、ちゃんとロープの当たる箇所には毛布を噛ませてくれていました。その後コンテナに入れ込むんでしょうけど、背の高いオフ車でしたが、多分バックミラーを取り外すようなこともなく積み込まれたように思いました。外すといえば、バッテリーは一旦取り外す規定でしたが、DT200WRはバッテリーレスだったので、それを理解してもらうとき、そういえば少し不審がられましたぁ。あとガソリンが全部抜かれて廃棄されることは周知の事実ですよね~。
荷物は当然全部バイクから降ろしますぅ。バッグは預け荷にして、メットはやはり手荷物として機内に持ち込みましたので、ジャケットと相まってメチャクチャ浮きましたね確実に。

新千歳でもJALカーゴまでてくてく歩いて(距離は忘れました)、傷がないことを立会い確認し、バイクに荷物をくくりつけ、(バッテリー登載車なら取り付け時間もかかります。)1リットル程入れてもらったカラのガソリンタンクを満たすべく空港敷地内のガソリンスタンドで給油して出発です~。

朝イチに家を出て、その日の午後には愛車と共にもう北海道。割増し料金で早い便も選べますし時間短縮命のライダーにはコレでしょうね~。勿論、人間だけの空の旅と違って、搭乗前後に必要な時間は前述のとおり3時間程余計にかかりますぅ。時間と料金と照らし合わせてどう思うかによるんでしょうね~。1泊分の宿泊代も込みだったので、そのときはススキノの東急インに泊まりましたが、やっぱりなんか場違いなカンジもしましたし、そんなのセットされてなくていいから、もっとシンプルに安くして欲しかったですぅ。
コンテナを丸々一個独占してしまうので、料金が高くなってしまうのは已むを得ませんけど、僕なんかは、それでもやっぱり15万円とかあったら、ヨーロッパ旅行でも行けるぢゃんって思ってしまいますぅ。
この記事のURL | 北海道ツーをひかえて | CM(1) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/01 02:02  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://b5fj7dy.blog32.fc2.com/tb.php/40-c5561170

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。