2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サイドバッグ購入♪
2008/07/07(Mon)
この週末は、5日(土)の午後からは、中日×巨人のデーゲームのチケットを買ってあったので、午前中はライコランド小牧店へ、北海道ツーリングに使うサイドバッグを買いに行きました~。前々から雑誌やネットで「オックスフォードのハンプバッグスローオーバーバニア」にしようか「デイトナのセミハードタイプ」にしようか迷っていたのですが、お店に行くと両方置いてあり、実物を見て比較することにしました。サイドバッグ
 ↑クリックすると右端まで見れますぅ。
大きさはほぼ一緒でした。
重さは、素材感ゆえか一見重そうに見えるデイトナの方が、持った感じでは軽かったです~。
カタチは、オックスフォードは内側が全然えぐれておらず、うまく取り付けないとCBRの出っ張ったシートカウルではハの字になりかねないかも、と思いました。
その分容量のロスはなく、デイトナの16ℓに対して22ℓとオックスフォードの圧勝なのですが。
実は私、結構うっかり者で、よくポケットのファスナーを閉め忘れて走ったりするので、仮に閉め忘れてもゆるい磁石でパクッと閉まる点と、何と言っても絶妙なフィット感に魅力を感じてデイトナを買うことにしました~。

値段はオックスフォードの22,050円に対してデイトナは26,250円と4,000円も高いのですが、片側2,000円の差と考えて目をつぶりましたぁ。
僕はデイトナを買いましたが、GSXのようにバッグのすぐ下にマフラーが来るバイクだったら、バッグ底部にヒートガードを配したオックスフォードに迷わず決めていたことでしょ~。画像(流用)が小さいですが、これがオックスフォードのハンプバッグスローオーバーバニヤですぅ。オックスフォードハンプ
店員さんは、「2泊3日ぐらいならこれで楽勝ですよ~、それ以上、北海道とかだとチョット不足でしょうけどね~。」「ハイ、その北海道ですぅ。」「えっ?・・・・。」「大丈夫ですよ~、シートバッグもあるから。」「シートバッグと併用して取り付けできたっけかな~?リヤシートが閉まらなくなるんじゃなかったかな~(店員さん汗)。」「だったらリュック背負って行きますよ(ゲッ、ロングツーリングで背負い物、嫌なんだけど。)。」

ライコランドはレジで1割引でした~。
店の外へ出て(この日の名古屋の最高気温34℃)、汗をパタポタ垂らしながらバッグを取り付けましたぁ。悩まなくてもすぐ解る造りでよかった~。これなら宿に着く毎、出発する毎、バタバタしなくて済みます~。(MRAスクリーン取り付けのときは、お水?さんが居なかったら3時間コースでしたぁ。)

で、家に戻って確認してみると、シートバッグも併用できそうでした。詳しい要領は省きますが、本来シートの下を通すべきベルクロを通さなくても、上に載るシートバッグとの兼ね合いで、下に通す必要がなくなるのです~。これで宿での積み下ろしも一層楽になりますよぉ~。

まあしかしこのフィット感(冒頭写真参照)、CBRメインに開発したとでも思える曲線。おまけに上面がリヤシートと見事にフラットで、このままシートバッグを積まなければ、ヘルメットやジャケットを雑に置いたりできて凄く便利です~。リヤビューはこんな感じ。サイドバッグリヤ

高速道路チェックでは、バックミラーに写るので見ていましたが、なんら問題ありませんでした~。
翌日の日曜日は、タオルと着替えを放り込んで(サイドバッグって便利だ~)、さるびの温泉に入りに行ったんですが、トリコのCBR乗りの方が話しかけてきていわく、「自分もこのサイドバッグ興味あって、でもヒトがつけてるのを見てから買おうと思ってたんですぅ。」ですと。
やっぱりこのフィット感と、フタが磁石で閉まるときの質感にいたく感心していたご様子でした~。デイトナ、グッジョブ。(^-^b)

にほんブログ村ツーリングカテゴリーにおります~。よかったらクリックしてもらうと有難いです~。
にほんブログ村 バイクブログへ
またのお越しをお待ちしております~。
この記事のURL | CBR1000RR | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://b5fj7dy.blog32.fc2.com/tb.php/46-fdd583b9

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。