2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
尾瀬・親孝行の旅【後編】
2011/09/05(Mon)
5時に起きて最低限の身支度を整え5時45分、宿を出ます。山あいの朝は薄暗く、今朝はモヤもかかっています。

目指すは尾瀬戸倉駐車場。

ハイシーズンの土日等、尾瀬は登山道入口の鳩待峠(はとまちとうげ)まではマイカー規制のため入れません。戸倉にクルマを置いてバスで鳩待峠へ向かわねばなりません(片道900円)。
そのバスですが、6:30発のあとは7:50までありません。一本逃すとトンデモないロスです(汗)

昨日宿で聞いてみると、ココから戸倉まで約40分くらいとのことでした。距離は25kmとけっこうあるけど大丈夫なのだろうか。早朝で道路がすいているとはいえ途中クネクネも混ざっているし今朝の路面はややウェット、戸倉のバス停も正確にはどこにあるかイマイチ知らないという不安要素を抱えていたので、同乗者には一言ことわって・・・とにかく「飛ばしました(爆)」

 ↓「続きを読む」を押してください。

.
~~~本文のつづき~~~

濡れた路面をものともせずにギャンギャン走っていくと、丁度前方に気合の入った地元の軽自動車が現れ、路肩もセンターラインもときに無視して縦横無尽のライン取りを見せてくれました。
おかげで軽に引っ張ってもらって20分で戸倉の宿屋街まで辿り着きました。「早っや(笑)」

「この辺なのは分かったけど、どこからバスが出るんだろう?」周囲に目を凝らしながら少し不安気に運転して行くと誘導係のおじさんに導かれて広い有料の駐車場へ通されました。
「戸倉駐車場とは戸倉スキー場の駐車場のことだったのかぁ」雑誌もバスの時刻表もイマイチ表示が不親切なような・・・。

駐車場

ともあれ無事に余裕の時刻に着いて一安心です。
6時過ぎとはいえ、そこそこのクルマの数。さすが日本屈指の山岳観光地。

朝のモヤも低い付近一帯だけで、視線を山に向けると青い空の支配率がみるみる高まってきているのが判ります♪


バスのチケット売り場で母たちが運転手さんに尋ねたところ、確かにバスも時刻表どおりに運行しているが、その間も随時乗り合いタクシーが出ているのだと言う。 見ればバスと乗り合いタクシーの共通券になっています。「んん???」

ということはつまり、時刻にこだわる必要はまったく無かったわけで、しゃかりきになって運転して来る必要も、宿でのトイレを断念して出発する必要も無かったのですorz

宿の人もそういう情報を持ってないものかなぁ・・・? 私たちが泊まったような温泉旅館には尾瀬のハイカーは泊まらないのかな?


さて、結局6時半のバスを待つまでもなく、乗り合いタクシーに揺られてマイカー規制の山道へ。
対向するのが難しいほどの細いクネクネ道です。豪雨の後とか、崖崩れや路肩の崩落が怖い感じの道で、いつか事故が起きなければ良いのですが・・・。

昨日横川サービスエリアで買っておいたパンをかじりながら、車中で母が尋ねました。「鳩待までどのくらいですか?」
運転手さんが答えます。『20分ほどですよ。正確には19分58秒です(笑)』
車中に笑いが起こりました。ジョークの上手い運転手さんでした☆

ジョークには笑いましたが、心の底から笑えない我々3人・・・。 「戸倉~鳩待峠が20分だとぉ!? ガイドブックには約40分って書いたあったじゃん。さっきのバスの時刻といい、これなら時間に束縛されずに旅館の朝食も楽しめたかもしれないのに(悔)。おかげで5時起きだったんだから!」 
いい加減な情報には困りものですが、当初予定より相当早く鳩待峠をスタートできるから「まあいいか(笑)」


鳩待峠

乗り合いタクシーを降りたのは朝6時45分。なんという良い天気♪ どんだけ日頃の心がけが良いか分かるってものです(爆) でも空気は予想通り少しひんやり。そりゃそうだ、ここは標高1,600m。

温かい水???

IMG_2888.jpg


すでにざっと見ただけでも数十人のハイカーの姿。その半分くらいは鳩待峠に一軒だけある山小屋に泊まった人達のようでした。団体で山小屋の前で記念撮影してましたから。

環境保護協力金の名目でトイレ一回につき100円を設置箱に投入して用をたし、「これが最後の一本になるかもしれない。」と思って銀さんは胸いっぱいにニコチンを補給。

そして7時50分、いよいよスタートします! 「来ちゃったけど果たして本当に大丈夫なのだろうか?(汗)」

でも大丈夫。峠というぐらいなので、最初はどんどん下って行きます。
しかもガレていたりぬかるんで滑るというイメージの山道ではなく、木道と木の階段がほとんどで極めて歩きやすいです。

降りる道

沢の音をBGMに、木々や花、向かいの至仏山などを見ながら下っていきます。

時たま、後ろから速い人が抜いて行きます。 それは気になりませんが、熊よけの鈴をつけた人が近づいてくると、どうにもこうにも気になってしまいます。『ガラン ガラン』『チョリン チョリン』『シャンシャンシャン』

『おっ!しめしめ、こんなところに♪』トリカブトを見つけて不敵に微笑む妻(怖)

トリカブトと妻(汗)


冗談はさておき、丁度1時間かかって尾瀬ヶ原に下りてきました。予定通りです。

山の鼻


ここは山の鼻と言って、木立の中にビジターセンターやトイレ、山小屋も2軒ほどある場所です。多くのハイカーが休憩したりしています。
我々は山の鼻に着く直前のベンチで休憩をとっていたので、ここではトイレ休憩のみで歩き出しました。

熊よけの鐘


白樺の木立を抜けると・・・・・

わ~お!

木道


丁度タイミング的に、我々の前には誰もいない状況でした♪

ミズバショウやニッコウキスゲなどの最盛期には、比較にならないほどのハイカーが押しかけ、母に言わせると『前の人のおしりばっかり見て歩く』羽目になることに比べると、花の数が少ない時期の静かな尾瀬は、人ごみが苦手な私には適していたと思います(笑)


終わったニッコウキスゲ



このキレイさと広がり感は、私などの写真では伝わりにくいと思いますが、しばらく何枚か写真でお楽しみください。

至仏山






木道と黄色い花






アブラガヤ






紅葉





竜宮山小屋のベンチに座っての昼食後、福島県に足を踏み入れて少し景色が広がったところで時間ギリギリと判断し、引き返しました。


標識



帰りは行きとルートを変えて、頑張って遠回りになるルートを選択しました。

竜宮からヨッピ






なんて爽やかな ← 景色がね(笑)

自分





先日の付近の豪雨により、ヨッピ吊橋~牛首間で一部木道が流出していましたが、仮歩道が作ってあって問題なく歩けました。



トンボにススキに秋の気配も。

紅葉2





トンボ





ススキ






花より団子と思われていた海子先生は、花の撮影に余念が無く、70近い母も大好きな尾瀬に喜々として歩を進め、午後1時半、無事予定時刻どおりに山の鼻に戻って来ました。


母と海子先生は仲良く花豆ソフトを、私は少し離れて座ってニコチンタイムを楽しみました。空気のきれいな場所でのタバコとオナラって、どうしてこんなに気持ちいいのでしょう(笑)


紫色の花



さああとは最後のひと踏ん張りです。最後の力を振り絞って鳩待峠まで登るのみです!


しかし・・・、振り絞っても振り絞っても目の前に広がるのは登り坂と階段のみ(汗)


二度三度ベンチに腰掛けて休憩を取りつつ、なんとかかんとか息も絶え絶えでしたが1時間半かかってやっとこさ帰って来れました☆

白い花



疲れたのも確かですが、なんとも言えない安堵感というか達成感というか、すがすがしい気分でした。
戸倉へ降りる乗合タクシーの中では寝てしまいましたが、駐車場でハンドルを握るころには全然疲労は無くて、事実あれだけ歩いたのに(どれだけ歩いたかは文末で(笑))、帰りの運転は全然眠気に襲われることも無く筋肉痛・虚脱感も無く走ってこれました。


帰りは・・・
15:30戸倉 → 農産物直売所 → ガソリン補給 → 片側工事渋滞 → 16:30沼田インター → 渋川伊香保インター付近渋滞 → 17:00赤城高原サービスエリアでトイレ&おやき、17:15発 → 18:30横川サービスエリアで夕食(釜飯のおぎのやは17時閉店で海子先生涙)19:15発 → 小黒側PA休憩 → 内津峠PA休憩 → 23:40帰宅 でした。

母も大喜び、妻も歩きに目覚めたようですし、何より事故・怪我・病気が無くて本当に良かった!

<本日の歩行:実に16km!> <本日の走行:540km> <本日の体重:74.5kg(変化なしorz)>


木道と白い花


↓今日もポチっと押していただき、銀さんは幸せでした☆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
この記事のURL | 関東甲信越へツーリング | CM(24) | ▲ top
コメント
- おぉ~ -
涼し気な景色に銀さんのお顔。   (笑
行ってみたい場所の1つです。
2011/09/05 09:11  | URL | ロンゲのオヤジ #jsYRjXfs[ 編集] ▲ top
-  -
懐かしい風景v-238
天気もよくて、秋の気配が漂う尾瀬もいいですね。
くろこはニッコウキスゲが咲き誇る尾瀬が好きv-22

16kmですか。
尾瀬行くとそれぐらいは歩きますよね。
1日中いられたら、その倍歩いても楽しめそうv-34
2011/09/05 09:32  | URL | くろこ #dZ2c3wmQ[ 編集] ▲ top
- ロンゲのオヤジさん -
見た目も実際も涼しかったですよ☆

毎日山歩きしてるオヤジさんなら尾瀬ももっと楽しめるでしょうから、機会があれば是非!

ネックは遠いことですけどね(笑)
2011/09/05 10:28  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- くろこさん -
懐かしい景色、変わりありませんでしたか?

写真のとおりニッコウキスゲは終わってました。最盛期にはさぞ見事でしょうね☆ ミズバショウも同じく。

我ながらよく歩けたものです。それもきれいな景色のたまものかと(笑)でも鳩待までの登りは心が折れそうでした(笑)


2011/09/05 10:32  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- こんにちは。 -
こ・・・
こんなに・・・

歩けない・・・

いやっ!

歩きたくないっ!!

銀さんの写っている写真・・・

ミャンマーかどこかで、まだ戦争が続いていると思って終戦後何十年か経ってから出て来られた兵隊さんの話を思い出しましたよ・・・。(笑)

2011/09/05 12:59  | URL | キャラメルマン #OsxfS.ZQ[ 編集] ▲ top
-  -
お~ぜ~!おぜおぜおぜ~♪

もういいって??(ーー;)(笑)

ところで・・・尾瀬ってなにがあるんですか?
湿原だけですか?

海子先生、ブログでは過去最高の露出なのでは??

ちなみに僕もそんなに歩きたくありません(笑)

お疲れ様でした~(^O^)
2011/09/05 16:50  | URL | HORI-G #vqm8JHu.[ 編集] ▲ top
-  -
16kmかぁ。。。
そんなに歩きたくないッスw

体重、そんな簡単に落ちませんヨーwww

ってワタシも最近ヤバイですw
運動はしてるんですけどネー
2011/09/05 21:19  | URL | レイニイ。 #tMW6SJuE[ 編集] ▲ top
-  -
え?戸倉駐車場ってスキー場の駐車場の事でしょ??わかってなかったの???? 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工


体重そんなに簡単に落ちたら苦労しませんよ。
ええ、増えるのは簡単ですから・・・・w


最後の部分の海子先生涙と体重の部分で笑えましたw

ツカ、運動したぶん食べてもどしてそうな??
2011/09/05 22:34  | URL | すきやき #AIlHpmOk[ 編集] ▲ top
-  -
尾瀬良いですねぇー
前から行ってみたいと思てるんですが
中々、行く機会が無くて・・・(><)

空気の美味しい所でのタバコとオナラは・・・

同感です!

お疲れ様でしたぁー
2011/09/06 01:16  | URL | ヤンテル #YG9ONXHE[ 編集] ▲ top
-  -
うぉ~。
誰も写ってない湿原と山の緑に広い空、イイですね。
この瞬間はこの景色を独り占め。

こんな景色を見てしまうと、やっぱり人が少なそうなな時期に行きたくなります。
2011/09/07 15:49  | URL | ボティー #-[ 編集] ▲ top
-  -
トリカブトってそんなに普通に生えてるんですね!?
気づかずにそれ触った手を舐めちゃいそう(爆)
2011/09/08 12:51  | URL | まち #9L.cY0cg[ 編集] ▲ top
- キャラメルマンさん -
美しい景色と家族の笑顔、それが体力に自信の無い自分が歩き切った原因だと思います。

ヨコイショウイチさんでしたっけ?(笑)そんなふうに見えなくもないポーズですね(笑)
2011/09/08 21:35  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- HORI-Gさん -
もうええっちゅうねん(爆)

そうですよ。ただの広大な湿原、それによる多くの野草と貴重な高山植物、それだけですね(笑)

海子先生の肖像権はなかなかOKが出ません。本当はもうちょい載せたいときもありますが。

運転と歩き、疲れましたが少し歩きに目覚めました(笑)
2011/09/08 21:42  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- レイニイ。さん -
今でも16キロなんてただのウォーキングでは私も御免ですが(笑)

筋肉は脂肪より重いらしいですね。体重だけ気にしてるわけではないのですが、やはり気になります。

スマートなレイニイ。さんがまたおたわむれを(笑)
2011/09/08 22:33  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- すきやきさん -
私もスキーしますけど尾瀬の導入部にスキー場があるなんて知らなかったです(笑)

あれだけ歩いたのだから、劇的な成果を期待したのですが。

このところまた食べる環境にあり…(汗)
2011/09/08 22:56  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- ヤンテルさん -
日帰りはあり得ない尾瀬ですし、泊まりにしても疲れた身体でバイクで帰るのもオススメできない距離…。 ご家族のコンセンサスが得られれば家族で行かれるのが良いでしょうが、無理強いはダメだし(笑)

いつか尾瀬で爽快におならして来れると良いですね(笑)
2011/09/08 23:25  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- ボティーさん -
この独り占め感!お分かり頂けましたか?(笑)
最盛期にはかなりの人口密度になるみたいですね。

閑散期の当日でも数千人は訪れていたと推測します。

それでもかなり広大な場所なので、独り占めになる場面が多々ありましたよ(^.^)
2011/09/09 07:33  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- まちさん -
普通に人目のつく場所に生えてるんですね。母に「トリカブト」って言われて驚きました(笑)

花とかキノコとか触った手でおにぎりやサンドイッチ…怖っ(爆)

ちなみに大した生命保険には入ってません(爆)
2011/09/09 07:57  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
-  -
尾瀬・・・
小学生のころ習った童謡「夏の思い出」?
が蘇ってきます。
水芭蕉が綺麗なんだろなぁ~と子供ながら思ったことを
覚えてます(笑)

16kmも歩くなんて(>_<)
当分寝込んでしまいそうです(^_^;)
全長でどれぐらいの距離があるんでしょう??

親孝行、見習わないと(*_*;
2011/09/09 10:26  | URL | kawaちゃん #-[ 編集] ▲ top
-  -
銀さん、あれ毒があるのは根っこだけらしいです(笑)
昨日、嫁に教わりました。

ちなみにうちの嫁はもうゲットしてるらしい・・・(爆)
2011/09/09 12:25  | URL | まち #9L.cY0cg[ 編集] ▲ top
-  -
途中の爽やかな写真がまるで雑誌の特集記事みたいに上手く撮れてますね~☆

しかし、帰り寄り道してるとはいえ、戸倉からやと結構掛かりますね。
運転お疲れ様でした!
2011/09/11 17:25  | URL | おいち #-[ 編集] ▲ top
- kawaちゃん -
小学校で習ったことを覚えてましたか☆どこかで聞く歌ですね。そうか、学校だったかなぁf(^^;

尾瀬は何十通りにもコース取り出来るらしく、私達が歩いたのは引き返しが無い中では最短ルートだと思います。
何せ途中の山小屋に泊まれば本格登山の様相です(汗)

結婚したらお互いの親をバランスよく孝行しないとね(^.^)
2011/09/12 23:07  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- まちさん -
根っこだけでしたかf(^^;
なら花に触ったり匂い嗅いだりして良かったんですね(笑)一つ勉強になりました☆

しかしそれを知ってる奥様……。お気をつけ遊ばせ(爆)
2011/09/12 23:11  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- おいちさん -
ありがとうございます\(^_^)/
実際の景色は360度どこを撮っても絵になる美しさでした☆上高地・奥入瀬同様、絵はがきそのままの景色でしたよ!

東海人なのに戸倉をよくご存知でしたね☆私なぞ信州の戸狩や戸隠とゴッチャになってしまいましたのに(爆)
2011/09/12 23:19  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。