2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
流星のゴルフ
2012/09/05(Wed)
ゴルフ購入から間もなく半年が経ちます。この間の走行距離は7,000kmあまり。
すっかり新車のニオイも消え、あんなに汚れが気になっていた最初の頃がウソのように今は、よっぽど気になったら洗う程度になってしまっており、いささか不憫なゴルフ君です・・・。

次期モデルの噂も色濃くあるらしい最近ですが、元々長く乗るつもりだった私自身は全然(?)気にしていません。

今日はそんなゴルフの少々スポーチィに走らせたときの感想を書いておきます。

 ↓「続きを読む」にて続きが開きます。
.
~~~本文のつづき~~~

私のゴルフは1.2TSIトレンドラインというモデルですが、スポーチィに走らせるとき気分的には任意にギヤを変えられる+-(プラス・マイナス)よりも、Sモードに入れたほうが高揚感を感じます。

ゴルフの+-は、押すと+(シフトアップ)で引くとー(シフトダウン)なので、私自身の感覚ではスポーチィではないのです(笑)逆のほうがレーシーで「昂ぶる」と思うのです。

あと、オーバーレブ防止には良いのですが、運転手がいくら操作しても、シフトダウンしなかったり勝手にシフトアップしてしまう造りです。その点がスポーチィ気分をそぐ部分です。

それでもたまにはマニュアル車を駆っている気分を味わうために、+-を使っているときがあります。そのときは、アクセルベタ踏みのままシーケンシャルみたいに変速して行くもイイのですが、よりマニュアル気分を味わうために、わざとコンマ数秒アクセルを抜いてブ~ン・・・、ブ~ン・・、ブ~ンとあたかもクラッチつきのクルマであるかのようにシフトアップさせたりして楽しんでいます(笑)

シフトノブの握り方もシフトアップのときはMTの2速→3速をイメージして手の平が自分のほうを向く握り方で押し出していますし、シフトダウンするときはMTの3速→2速のイメージで、肘を張り出して手の平が助手席側を向くようにして、指の腹に引っ掛けて引いています(爆)

そんな感じでけっこうスポーツドライビング気分を(無理やり)味わっているのですが、それよりもワクワクするのが「Sモード」のシフトダウン時です☆
CPUのプログラミングかどうかは判りませんが、バイク乗りとしての耳で聞いている限り、自動的にダブルアクセルを入れてくれているとしか思えない音を発しながらシフトダウンしていきます。そうです、あの「ブォン~、ブォン~~~ン」という回転合わせのための空ぶかし音です。

このダブルアクセルは、+-のときにはプログラミングされていないようで、単に「ウゥ~ン、ウゥ~ン」とエンブレがかかるだけなのが、Sモードだと気持ちよく小気味よく回転合わせをしてくれていると感じます♪

これを聞きたいがために、普段Dで走っていても信号で止まるときなど、けっこう頻繁にSに入れて楽しんでいます(笑)
(ちなみにS→Dに入れたときは2速分下がるのですが、このときはダブルアクセルを入れてくれません。)

そういうスポーチィさをお伝えしつつ(笑)、コーナリングのスポーティな部分もちらっと触れておきましょう。


地元の258号線はインターチェンジ的な造りが多くて、いくつものヘアピンカーブがあります。新車のボディに無用なねじれや荷重をかけたくないとの思いから、これまでなるべく車体に負荷がかからないような運転を心がけてきたのですが、今週おそらく初めてちょっと本気を出して攻めてみました。というか結果的に攻めました。

夜、長い直線の下り坂を、走行車線の流れに身を任せて普通に走っておりました。
「・・?」運転席側のバックミラーに感じた違和感は、かなりの速度差で近づいて来る追い越し車線の一台のクルマでした。間もなく私の右側を抜いて行ったクルマを「ふん、飛ばしてるな。」ぐらいの気持ちで目で追いました。クルマは黒い日産キューブでした。

それだけなら何のこともなかったのですが、私を抜いたあと私のもう一台前のクルマの前にウィンカーも出さずに割り込み、(横着なクルマならアレは縫って行くだろうな、ぐらいの予測の立つ車間スペースではありましたが)「アレは前のクルマ怒ってもエエんちゃうの?」と思って見ていると、追い越し車線上の遅めの車をかわすための車線変更かと思いきや、さらに左へそれて行くではありませんか。
「なんや? そんなんやったら無理して割り込まんでも、オレの前に入っとけば良かったんちゃうん?」と、直接割り込まれたわけでもないのに、前のクルマに成り代わってちょっとムカっとしました。
と同時に「そんなもん無理して一台抜いても抜かんでも時間は変わらへんっちゅうねん!」という思いが芽生え、「証明したるわ。遊んだろか?日産キューブ!」普段バイクでは芽生えないブラック銀さんが顔を出しました。
CBRでは腹が立たなくなりましたが、依然クルマのときには性格が変わるときがあります。

R258と立体交差する左折レーンにキューブが入って行った頃、私はその50~60m後方にいました。
キューブに遅れること数秒後、Sモードに入れて減速しながら、私も立体交差下に差し掛かりました。

横着な運転のキューブは、さっき走行車線から左折レーンをまたぐように弧を描いて左折して行きました。私も戦闘モードなれば、そうしていたかもしれませんが、私の前のクルマが立体交差下の赤信号で止まっているので進入のベストラインがとれません。停車中のクルマをよけるように一瞬左折レーンに入ってから左折して行きます。そのぶん走行車線から直接曲がっていくよりは左折がタイトになりますし、左折の直前に車線変更するので余計なヨー(慣性)が発生します。

ヒョヒョヒョン、ヒョヒョヒョヒョン!
レーンチェンジ、左折とも実に安定しています。ゆり返しが来ません。
タイヤはエコタイヤなはずなのに、「ヒョヒョヒョ」と言うだけで「鳴く」というには程遠い感じです。

左折の先には、今度はR258と合流すべく、数十メートルの直線の先に左180度ヘアピンが待っています。

左折の頂点で私の視界には、ヘアピンに向けて今まさにブレーキランプを灯そうとするキューブの後ろ姿。「さっきより詰まっとるでっ♪」

この左折は出口がゆるい造りになっているので頂点付近で既にアクセルを踏んで行っても差し支えありません。センターライン上のポールに当たらない程度に加速しながらギリギリまで外にはらんで行きます。
短い直線ですが横Gが消えたらもうひと踏みアクセルを入れます。これには二つ意味があって、もちろん少しでも加速する意味の他に、リヤをさらに沈ませてキューブのルームミラーにこちらのヘッドライトを少しでも映り込ませて意識させるためです(笑)

アクセルを入れられるのもほんの一瞬で、今度はすぐにフルブレーキングしないと止まれません。
「カツーン!」
ゴルフのフルブレーキは当たりが硬い感じです。金属で金属を踏んでいるようで、私の好みの感触ではありません。
それでも踏み方が甘いのか、ABSが効いたようには感じませんでした。

スローインで直線的に深く突っ込んで行ってタックイン気味に方向を変え、クリッピングポイントを相当奥にとってグイグイ加速して、という超立ち上がり重視の走り方でもココでは安全で速い走り方だと思いますが、そこまでしなくても楽勝で追いつくと思い、この日は遠心力と喧嘩するようなコーナリングスピード重視を試してみました。

一応クリッピングポイントは奥に設定しつつ巻き込むようにハンドルを切っていきます。
前輪がヨレる感じも無く、ススッと鼻先が入っていきます。
前後輪とも均等に遠心力を感じる位置に来ましたが、まだブレークして真横にすっ飛んで行く気配すら感じません。
「まだ踏める♪」
従来なら破綻すると思われる早いタイミングで、脱出に向けてアクセルべた踏みを試してみましたが、これが実に気持ちイイ! 破綻するどころかオンザレール感覚でぐいんぐいん曲がる曲がる。

不思議とスキール音は出ませんでした。タイヤ自体のグリップの余力の有無は計れませんでしたが、サスペンションの包容力がタイヤのキャパシティを補助して余り有るような、そんな感想を持ちました。同時に不思議と感じたのは、内側のタイヤの存在感でした。『俺たち(内側のタイヤ)も少しは頑張ったよ』という声でも聞こえて来そうと言うか(笑)。確かにゴルフに替えてから、脚が伸びて路面を掴まえるみたいな感覚は以前から感じる部分でした。それがどういう意味があるのかは、素人の私には判りませんが。

いずれにせよ、ウィッシュやセレスのときは、こんなスピードで安定してカーブを曲がれませんでした。たぶん。
前輪内側はザリザリと路面をカラ回りして、前輪外側はズルズルと外にはらむシチュエーションだったはずです。

自動車評論家諸氏と同じ論評になるのが悔しくも感じますが、何がどういう仕掛けなのか、「ゴルフの脚って素晴らしい」というのが結論でしょうか。

で、日産キューブとはどうなったかって?

・・・さぁて(笑)

流星のごとき火の玉ゴルフは夜空に続く坂道を駆け上がり・・・

米でも突きに行ったんちゃいます?(笑)・・・・・☆ミ



どうもどうも~☆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村





<作曲:久保田利伸>

コメを突きに行くのさ~
流星の~ ゴルフで~

パンもパスタも無くてイイのさ
コメを食らおう~!

いまだに~ 古米アゲイン~
チャンスを~ 逃すなよ~
日が経つにつれて~ Cry!
虫がつくのさ~

やさしく~ 精米アゲイン~
新米だけ~ すべてじゃな~い

食べれるぶんだけ~ Try!
突けばイイさ~

君の前に~
コメのディスティネーション
もみがらだけ外す機械があれば~!

殻むかれた白米~
生まれた~ ばかりさ~
前の人が取りこぼした
コメはそのままに~~~!(笑)

米つぶ ワンスアゲイン~
数えて眠るなよ~
胚芽の神話を~ Try!
信じないのさ~

激しく~ 精米アゲイン~
胚芽が~ すべてじゃな~い

胚芽が取れても~ Fry!
それでいいさ~

二人悩む~
コメは何分づ~き~?
五分づき? 七分づき? 悩ませる~もの~!

Shine on my
精米
デンジャラス ロード

ドライブ オン 米(マイ) ウェイ
キープ オン 米 オウン~

精米 
精米
ワンダラス フューチャー

ウィズオール米
コンシャス レスポ~ンス!



にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村
この記事のURL | VWゴルフ | CM(8) | ▲ top
コメント
-  -
じわりじわりと欧州車の良さが解って来てますね~!
特にボディー剛性と足回りの良さ!
もう、ドアの開け閉めからして国産とは違いますからねぇ・・・

特に高速安定性と長距離での疲労軽減・・・
車での遠出も余り苦にならなくなります!

こうやって良さを知って行くと、もう国産には戻れなくなります・・・
戻っても、スグに買い直すハメに・・・



2012/09/05 21:06  | URL | J.P.K #-[ 編集] ▲ top
- J.P.Kさん -
ドアの作りとか見ていると、国産の方が凝った作りに見えるんですけど、不思議ですよね。

車のサスペンション形式とか、あんまり詳しくないんですが、何か特別な仕掛け造りは日本のほうが得意なように見えますし。

それでもゴルフの足に感心しちゃうのが不思議です。

バラしてみたらどうだった、という解説を他メーカーのプロに聞いてみたいです。

あとはセッティング?最初の印象はバネの存在感が薄いグミみたいなサスペンションだと感じたのが、今は感心してるので、乗ってみないとわからないものだと思います。

2012/09/05 21:51  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
-  -
イヤン。そんなことしちゃ、白黒パンダさんがだまっちゃいないのねん。


痛い目にあったの忘れたの~???
「旦那さん、いつまでも安全運転してもらわんと・・・」
2012/09/06 10:51  | URL | すきやき #AIlHpmOk[ 編集] ▲ top
- すきやきさん -
いえいえ、法定走行の範囲内でのことですから(笑)

京滋バイパスの悪夢のようなことは二度と繰り返さぬよう、合流レーンでの速度超過に気をつけます(笑)
2012/09/07 14:34  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
-  -
う~ん… ホンダのForza ZのSマチック的なウザさに似てますね (^^;
「オーバーレブ?何それ?」とか「レブ当たってナンボ!」とかのバイク(CBR1000RRとか…)に乗ってると尚更際立っちゃいますよね (^^;
でもゴルフいいなァ… 実は欲しい車の第一候補なんです (笑
2012/09/08 21:46  | URL | Dotard wolf #-[ 編集] ▲ top
- Dotard wolf さん -
結局マニュアルモードはスポーティうんぬんのためじゃなくて、2とかLが無い代わりにシフトダウンさせる手段なんでしょうね。仕方ないです。

おや?ゴルフですか?
少なくとも僕はゴルフにして良かったと大満足して乗っていますよ☆
不満点はハイオクなことぐらいかなぁ?(笑)
2012/09/09 19:05  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- ん… -
字がイパ~イで読み疲れた?!爆

総合的な作りでは日本車に軍配があがるのでしょうけど、
こと走りに関する点では欧州車には負けていると思います。

日本人の求めるモノと欧州人の求めるモノが違うとか、
生活環境の違いなど沢山の違いがありソレが車に反映しているのか!?

まっ自分は「環境なにソレ?」の車ですが…
2012/09/11 08:21  | URL | kenken #/aF5ZJNE[ 編集] ▲ top
- kenkenさん -
字多いですよね、次の記事では多少、文字数減らしました(爆)

造りとか種類とか値段とか、そりゃ日本車の美点は多いと思います☆

ゴルフを買って、自分は過度なメーター周りの演出とかシートアレンジとか
別に求めてなかったんだなと気づきました(笑)

不思議なのは、よくデッカイドイツ人がこんなシートに体が収まるのかな?ってこと(爆)
2012/09/11 20:18  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。