2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
北海道ツーリング5日目
2008/08/10(Sun)
7月29日(火) 晴れ

昨夜は・・・・・蚊と格闘。
4機撃墜しました。
星空がきれいだったので是非とも写真に撮りたいと思い、網戸を開けていたせいでしょう。
(ちなみに写真は全っ然撮れていません。)

朝起きるとあちこちかゆい。
中でも左目のまぶたが痛かゆい。ゴシゴシ。
洗面所で鏡を見ると、人相が変わっていますよぉ。まぶたがボンボンに腫れてますぅ。
視界も狭い。せっかく今日からホッカイドーな景色に本格突入していくってのに。
(大雪山の万年雪 ↓)
万年雪
朝食時に同宿の小林さんから「それってホントに蚊?」と驚かれる程。
宿の奥さんにキンカンを借りて・・・そぉ~っと塗ってみる・・・・・
・・・・・シカ~!「しみるぅ~!熱い~!」
・・・・・奥さんも小林さんも笑っているようだ、よく見えないけど。

大雪山登山のため、層雲峡行きのバス停まで宿主に送ってもらう小林さんを見送り、今日も8時に遅い出発。
万年雪を眺めながら、国道39号線を層雲峡方面へ南下します。
トラックが多いです。旭川とオホーツク方面を結ぶ幹線道路なんですね。
対向車線は観光バスだらけです。層雲峡の温泉街から旭山動物園にでも向かうのでしょうね。
ディーゼルの排ガスときれいな景色、そんな道を行きます。
層雲峡

層雲峡には流星の滝・銀河の滝という柱状節理の崖から流れ落ちる滝がありますがスルーします。
柱状節理なら道中いたる所に岩肌を見せていますのでね~。これで十分ですってぇ。

層雲峡を過ぎて程なく、オホーツクに抜けるこの道を右折し、真南に南下する国道273号線に入ります。
この道に曲がっていく車はほとんどいませんでした。

ディーゼル車の排ガスともオサラバです~。

大雪湖を過ぎて、緑の中の快走路を登って行きトンネルを抜けるとそこが道内の国道で標高が一番高い、三国峠のパーキングです。
遠くはやや霞んでいますが見渡す限りの樹海です。
三国峠

僕と反対に南から登ってきたBMWのライダーに写真を頼まれパチリ。
彼の言うように、ココは北からの樹海を見ながらのコース取りの方が景観は楽しめるようです。
レアなシャドウ1100の新潟のお兄ちゃんに「その目、アブとかだったら2~3日引かないんじゃない?」とか脅かされて凹みました・・・。
キャンプツーなので、持ってきた薬を貸してあげるという優しい彼。

キャンプと言えば・・・と話は進み、つい先日知床の熊の湯に熊が出て、友人のいたずらだと思った女性がテントの中から熊を叩いて退散させたという、恐ろしい話を教えてもらいました。
だから今、熊の湯は閉鎖中なのだそう。

樹海の中に突入。しつこいぐらい「鹿飛び出し注意」の標識が立っていますぅ。
そりゃまぁ、注意しますけどね、いきなり来られたらそん時ゃ、そん時。
樹海の道路

樹海を抜けて糠平温泉街に出たので休憩。
ココだけはケータイも繋がるのでしょう、すごいピンポイントなタイミングで会社からケータイが鳴りました。

温泉街までは良く晴れていたのですが、ナイタイ高原に南下するうち、だんだん雲が出てきました。
ナイタイ高原の緑

牧場の入り口まで来ました。人工的とも思えるほどの鮮やかな緑の丘です。
展望レストハウスまでは6kmの登り。下手なワインディングロードより気持ちいいです。
しかし上に行くほどガスが濃くなってきて、とても十勝平野を一望することはできなさそう。
ナイタイ高原牧場
牛ちゃん
頂上で午前11時。牛ちゃんを見ながら牛乳と十勝牛煮込ハンバーグの昼食。
牛乳は気分的に旨く感じます。ハンバーグは噛み応えのある感じ。
煮込みハンバーグと牛乳


日差しの無い肌寒い高原を駆け下り、次に向かうのは士幌温泉です。
世界的にも珍しい植物性モール泉です~。詳しいことは解りませんが。
日帰り入浴500円。道の駅に併設というより、道の駅が併設といった方が良いカンジ。
ややヌルッとしていて、イメージと違い無臭、茶色の湯でした。
道の駅士幌植物性モール泉

足寄では僕しか来ていなかった松山千春の家で写真だけ撮り、千春の家

阿寒湖につづく道路は、道東観光に向かうバスやマイカーで数珠つなぎですが、工事片側交互通行をうまく利用してスルスルっと先頭に立てば、雄阿寒岳を望めたりご覧のようなご機嫌なワインディングです~。ヒャッホー!
雄阿寒岳
ペンケトーへの道
ペンケトーから弟子屈へ

ペンケトー湖

阿寒湖やオンネトーはパス。でもセイコーマートには引力がありますぅ。オリジナルな品揃えが楽しみ~。セイコーマートのコーヒー

今日の宿は弟子屈から硫黄山に数キロの美留和という場所にある「ましゅまろ」
予定より早く到着しそうなので、津別か美幌の峠に行けそう。

弟子屈市街を屈斜路湖西岸方面へ左折。快走路を北上します。
右手にあるはずの湖面は林のせいか見えません。
左手の山はそろそろ夕方の気配。
屈斜路湖西岸

津別峠に向かって国道を左折すると、1車線のクネクネ道になりますが、対向車は来ませんでした。
津別峠へ

峠には立派な展望台とトイレ。まぶたの腫れはだいぶ引いたみたい。
同じ屈斜路湖を見下ろす美幌峠よりも標高が高く、硫黄山や摩周湖の山まで見渡せます。雲も眼下にたなびき、振り返るとさっき走ってきた雄阿寒岳の姿も。
津別峠から眺める屈斜路湖
津別峠からの雄阿寒岳

美幌峠とどちらが良い眺めか?・・・・・・美幌峠は明日行く予定。
今来た道を戻りました。

宿に着く前、近くの商店でタバコを買ったのですが、「ましゅまろに泊まる。」と言ったら「禁煙かもしれないからコレ持っていきなさい。」と、立派な携帯灰皿をくれたのでした~。感激。

このあと思いがけず、ツーリング外伝が書けるような楽しいイベントが発生する夜を迎えます~。

<本日の走行 約320km>
上川→美留和

北海道ツー外伝:夜の露天風呂ツアーへ

にほんブログ村のツーリングカテゴリーに参加中です~。
ポチっと押していただくと有難いです~
にほんブログ村 バイクブログへ
           またのお越しをお待ちしております~。
この記事のURL | 2008北海道ツーリング | CM(8) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
初めまして。
旅行を満喫出来て羨ましい限りです。私も井の中の蛙で最近まで地元である北海道を良く知りませんでした。
是非時間を作って道東を巡ってみたいと思ってます。

速度もほどほどに気を付けて楽しんでくださいね。
2008/08/10 01:34  | URL | old-bikers #-[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/10 17:07  | | #[ 編集] ▲ top
-  -
いいですね~

この辺りは俺的ベストスポットです

三十路迎えるまでに後一回いっときたいもんです
2008/08/10 20:42  | URL | ゼファー #-[ 編集] ▲ top
- old-bikers さん> -
ようこそお越しくださいました。
今後ともご意見下さいませ。

僕ももう一回行くなら道東に絞って行きたいです。

動画を見ると自分でも驚くほどスピード感
出てますが、実際は法定プラスα程度です~。
免許も命も大事ですので。
2008/08/10 23:42  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- 匿名さん> -
な~にを恥ずかしがってるんすかぁ○●さん。
内緒の話じゃあるまいし・・・(笑)
でもようこそ。

今身内さんがホッカイドー?!
バイク乗りなんすか?
JF来たら良いのにぃ。
2008/08/10 23:46  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- ゼファーさん> -
20代なの?!若っ!
まだまだどんだけでも行けますやん。
その若さがうらやましい。
ロングツーの疲れで先週ずっと
仕事眠かったです・・・(泣)

そちらも雷すごかったそうで。
こっちは昨日竜巻注意報が出て、
雷も結構激しかったですぅ。
2008/08/10 23:51  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- 銀さんよぉ~ -
おぉ~写真見るだけで身体に
影響が・・・・ウズウズ

夜露天なんてもぉ~たまんねぇ~

計画を練りだした・・・っす。
2008/08/11 18:20  | URL | DERA #BWgGc7Fk[ 編集] ▲ top
- DERAさん> -
計画練るのはイイんですけどぉ、
奥さんに僕のせいにしないでね。
「もう、あそこの子と遊んじゃダメ」
って言われちゃう・・・。
2008/08/11 22:45  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://b5fj7dy.blog32.fc2.com/tb.php/58-7671e5aa

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。