2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
温泉ソムリエ的小豆島ツーリング後記
2013/12/17(Tue)
今回泊まったオーキドホテルは前日急いで予約確保したホテルで、「宿が取れて良かった~♪」と安堵に終始し、実は天然温泉があると思っていなかった(笑)

入浴終了時刻(24時)ぎりぎりに行ったせいか、湯船は湯を溜めただけの状態だった。「かけ」も「流し」もしていないようだった。「かけ流し」か「循環ろ過」かは分からない。掲示を見過ごしてしまった(笑)

RIMG0533.jpg

↑ 大きく表示できます。


~~~続きを読むで続きます。~~~
.
~~~本文のつづき~~~

泉質名は、温泉分析表の表記によると「ナトリウム・マグネシウム―塩化物冷鉱泉」だ。新米ボンクラ温泉ソムリエの私としては、ナトリウムイオンが5,500mg以上且つ塩素イオンが8,500mg以上なので「ナトリウム・マグネシウム―塩化物強塩冷鉱泉」ではないかと思うけれど。
ちなみに私の好きな旧の呼び名ではおそらく、含塩化土類―食塩泉ではないかと思う。

泉質名が分かれば泉質別適応症が分かる。塩化物泉では切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病。表記と一致しないのは何故だろう? そして総じて温まりの湯だ。塩(「えん」という)が毛穴など体表面に付着するかららしい。

さて、この小豆島温泉、かなり成分が濃い。温泉法上の塩類泉の定義では、1ℓ中に溶存物質の総量で1,000mg以上あれば温泉と呼べるのに対し、ここの総量は30,000mgを超えている。
この濃さをうちの風呂で再現しようとすると・・・、

一般的な市販の入浴剤が丸々全部温泉成分で構成されているとすると1袋30gぐらい(30,000mgぐらい)入りなので・・・、
1ℓのお湯に入浴剤1袋を入れると30,000÷1=30,000mg/ℓ で小豆島温泉ぐらいの濃さになるんだけど・・・、
我が家の湯量設定は確か180ℓなので180で割ると・・・、30,000÷180≒166.66mg/ℓ・・・、薄い(笑)
30,000mg/ℓに達するには30,000÷166.66≒188
なんと180袋も入れる計算だ。溶かし切るのに疲れそうだ。その前に袋を破るのが面倒くさい(笑)

とにかく濃いのは分かった。では成分は?

温泉の定義からすると、ストロンチウムイオン10mg以上、マンガンイオン10mg以上、臭素イオン5mg以上、メタほう酸5mg以上と4つも温泉の定義を上回っており、おまけに泉質名には反映されないものの硫酸イオンだけで4,160mgとこれだけで硫酸塩泉になり得る成分が隠れていたりと、何か得した気分。

別の視点で、目の前が海という地理的条件から見てみる。もしかしたらまんま海水だったりして(笑)
海水の溶存物質濃度は1ℓあたり31,000mg~38,000mgらしいのだけれど、30,813mg/ℓの小豆島温泉は果たして海水に近いのだろうか?

ある例の海水の成分と比較してみる。
ナトリウムイオン :海水 10,760mg  小豆島温泉 7,456mg
カリウムイオン  :海水   390mg  小豆島温泉   0mg
カルシウムイオン :海水   410mg  小豆島温泉  783mg
マグネシウムイオン:海水  1,290mg  小豆島温泉  2,224mg
塩素イオン    :海水 19,350mg  小豆島温泉 15,710mg
硫酸イオン    :海水  2,690mg  小豆島温泉  4,160mg
炭酸水素イオン  :海水   140mg  小豆島温泉  221mg
 合  計    :海水 35,030mg  小豆島温泉 30,813mg

ん~、近いような気がする。
まだまだ勉強中なのでいい加減かも知れないけれど、海水に起因する温泉のようだ。しかしそのものズバリではない。間違いなく地中を通っているのだから、その地層や元々の地下水の影響を受けて様々に変化しているはず。

で、私的結論。
私の好きな温泉は、湯ざわりヌルヌル・においがきつくない温泉・においがきつくても何色か色がついているとテンションが上がる、というものだ(笑)
それには当てはまらなかった。どうやらマグネシウムとかカルシウムといった土類系イオンが多いとヌルヌル感が相殺されると聞いたことがある。ここもそうだ。
でも、数少ない土類系の塩類泉、しかも濃いということで、私の中で記憶に残るものになった☆


どうもどうも~☆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


マナーを守って楽しく入浴♨ 銀さんも楽しく学んで仲間まで出来た温泉ソムリエ協会HPはコチラ
この記事のURL | 温泉 | CM(2) | ▲ top
コメント
- こんにちは。 -
むっ!
お・・・
温泉ソムリエ!?

で、飲んで味見してみたの?(笑)

温泉で味確かめるオッサンいるよね。

2013/12/21 15:50  | URL | キャラメルマン #OsxfS.ZQ[ 編集] ▲ top
- キャラメルマンさん -
ソムリエがワインの知識とテイスティングの技術を備えているのにならって、温泉の知識と入浴の技術を身につけたのが温泉ソムリエです。

テレビチャンピオンの郡司さんみたいに舌で利き酒みたいに出来る人もいますがスゴイですね(笑)

では、良いお年を〜(^o^)/
2013/12/24 08:30  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。