2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お酒を買いに高山へ
2014/07/23(Wed)
かなり更新が滞っておりましたが、その間、車検を受けたり、近場をチョロチョロ走ったりしておりました。

ネタになるようなグルメや景色も別段ないので、最近はデジカメを持ち出すことが全然ありませんで、今回も記事にはしましたが、一切写真がありません。そんな無味乾燥な本記事、しかも割りと長文なので暇つぶしにご覧ください。

~~~PCの場合「続きを読む」で続きます。~~~
.
~~~本文のつづき~~~

7月20日、三連休の中日、駄眠をむさぼる私の顔に、カーテンの隙間から朝日がまぶしく射し込んで来て目覚めました。「あれ?ナンで晴れとるん?」
近年、天気予報の精度がガタ落ち(局所的天候変化もあるけど)だと度々実感するのを再び感じる今朝。

さて、今日の夕食は母を呼んで会食の予定。おそらく天ぷらだと聞いているので、「ビールも合うけど酒も欲しいよねぇ。CBRで酒買いに行きたいなぁ。」ということで、準備して10時に出発すると・・・

『ぽつっ、ポツッ』 「ええ~! なんちゅうタイミングなん? 0rz」 出鼻をくじかれつつも明るめの雲の様子に希望を見い出して進めていくと、家から1kmも行かないうちにポツポツ来なくなりました♪
ただし、家の周辺ではまだ乾いていた路面は、この辺りではすでに一雨降った感じに濡れておりビックリ。『ピシャーッ!』ウェット路面を走るタイヤが水しぶきを上げる音・・・、すなわちそれはバイク下部が汚れる音・・・。せっかく車検でキレイきれいにしてもらったチェーンやホイールが、一刻一秒と汚れていくのを悲しく思いながら、北へ進んで行きました。

北へ進むほど路面も乾いてきて、木曽三川公園に差し掛かる頃には、雨のことなどすっかり忘れていました。堤防下では2面使って少年サッカー大会ですな。それに続くテント群はカヌー大会のようです。
さらに進むと、自転車チームが練習しているようです。丁度今、連日ツールドフランスのダイジェスト中継にハマっているので自然と重ね合わせて目で追ってしまいます。ツールの各チームのジャージの色も頭に入ってきたので、白黒のジャージがいると「ジャイアントシマノか?」、緑だと「ユーロップカー!」、赤黒だと「BMCレーシング!」てな具合に楽しんでおりました(笑)

が、前触れなく、またも雨粒が落ちてきました。今度のは本降りっぽい。
遠くの空を見渡すと、北西のほうがよりドス黒く、北東方面は明るくて雨は降ってないっぽい(ワカランけど)。
「いつもより早めに橋を渡って東に逃げないと。」そんなことを考えながら堤防道路を進んで行ったら、次の橋に着く前にまた雨が弱まってきたので、結局そのまま直進し続け、やがて墨俣あたりで路面もドライに。「ナンやったんや、オレの頭上だけ(怒)」

国道21号線から各務ヶ原インターで東海北陸道に入り、11時過ぎに長良川PAで休憩。セミの声がすっかり夏の雰囲気です。青空は嬉しいけれど、気がかりなのはモクモク発達しそうな入道雲たち。時間予報をチェックしても数時間後にはソコここで雨になる様子。

短い休憩の後、白鳥インターまで北上して、やまびこロードに突入。
なんとなくブリヂストンより今のダンロップと相性が良いようで、ルンルンと走行。
驚いたのは雨の跡で、尾根と尾根にはさまれた一つの谷の部分だけに雨が降ったあとがあり、これを見て以降はブラインドカーブの先が濡れているんじゃないかとより慎重に走行。

ひるがの高原のサンクスでパンをかじりました。なんでも一帯は今年マイマイガが異常発生しているそうで、確かにそこかしこに蛾が飛び回っていました。
それにしてもこの時期、日向ぼっこが快適とは、さすがに1000mを超える標高のおかげでしょうね。途中見た一番低い気温表示は19℃でした。

ひるがの高原以北は、さらに植生が山岳寄りになっていくのを感じながら、すいた快走路をルンルン行くと、あっという間に荘川へ。道の駅を含めて大きい所は2箇所ほど、小さい店なら幾つか、荘川蕎麦の看板を目にします。「しまった! ひるがのでパンなんかかじってる場合じゃなかった。」

飛騨清見インターから高山まで、中部縦貫の無料区間でサクっと移動。(ここまでも下手したら自動車道以上のペースで来たけれど(笑))

終点の高山では、富山方面と表示された自動車道っぽい道が接続されていましたが、現状どこまでつながっているのか不明です。私は高山市街(古い町並み)へ向かいます。

上三之町のアーケード沿いの銀行の前にCBRをチョイと置いて、ジャケットを脱いで歩きます。
物凄い人出ですな。

飛騨の地酒を取り揃えるお店に入り、去年気に入った「渡辺酒造のたれ口直送」を求めると、『今年は入って来ない。』とつれない返事。もしかしたら蔵元へ行けば手に入るのか、蔵元でも今年は出してないのか不明ながら、今から飛騨古川まで足を伸ばすのも億劫だったので、たれ口直送に近いものを聞いて一本購入。
保冷剤を一つ箱に入れてもらったけれど心もとない。なにせ生酒を買ったので。

とっととCBRに戻って(帰りの西陽対策に)サイドバッグの左側に酒を入れて、いざ帰路へ。

ガソリン補給すると同時にコンビニで氷を買い込んで、元々何枚か持ってきていたコンビニ袋に氷を小分けしてバッグ内に配置。これで家まで何とか保冷できることを願います。

帰りは高山インターから各務ヶ原インターまで高速移動して時間を稼ぐ予定です。

順調に東海北陸道を進みましたが、ひるがの高原SA手前で土砂降りの雨に遭遇。たまらずSAに避難。
バイク置き場には先客の豊橋ナンバーのKTM990の黒・オレンジのモタードが一台。
そして私の直後に続いていたハーレーのお父さん。
『ひゃー、えらい目に遭ぅたね~。』「いや~、どうせこんなことだろうと思ってましたわ~。」
三人共すっかり旧知の間柄のように雨宿りしました。

ハーレーのお父さんがカッパを着込んで雨の中を再スタート。「お気をつけて~。」

しばらく二人で談笑すること十数分、雨がやみ、南の空も大丈夫っぽい感じに変わりました。
カッパを着る事無く先に出たのはKTMのお兄さん。私はタバコ一本吸ってから出ることにします。
カッパを着るか着ないか、私には選択の余地がありません。何故なら持って来ていないから(笑)
バッグはスカスカだって言うのに、どうして積んで来なかったんだろうという後悔も不思議と感じませんでしたが。

4時を回ったのでそろそろ出発します。濡れたメッシュジャケットで夕方のひるがの高原を高速走行するのはガクガクぶるぶるモンです。「気ぃ緩めたら簡単に風邪ひくわ(笑)。」

美並インターの先で覆面パトに捕まったクルマが『パトカーに続け』の電光掲示板に従っていました。
「よかった~! 寒くてスピード出してなくて(汗)」

各務ヶ原インター手前のトンネルの手前で、またしても覆面パトが赤色灯を回したまま路肩に停車していました。覆面パトの直後に停まっているのは無人のバイクのようです。「あらら~、お気の毒に。」
通過ざまに目で追って見ると、なんと黒オレンジのKTM! さっきのお兄さんではないですか。 「んん~・・・。」知ってる人だと分かった途端沈痛な気分になる俗人な自分。

あとは何事も無く、午後6時過ぎ無事帰宅。
サイドカバーを開けると氷が溶けた水がコンビニ袋から少し漏れ出してはいたものの、酒のビンは冷えっ冷えの状態だったので安心どころか大満足。 と、そんな往復350km程度のツーリングでした。それにしても高速代高くなったね。ガソリンとWパンチで痛いわ・・・。


お粗末様でございました。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
この記事のURL | 岐阜へツーリング | CM(4) | ▲ top
コメント
-  -
団子
ラーメン
カレー
飛騨牛
高山のイメージ(笑)
2014/07/24 20:47  | URL | Takeyan #/fu66spI[ 編集] ▲ top
-  -
雨男襲名???

2014/07/24 22:43  | URL | すきやき #AIlHpmOk[ 編集] ▲ top
- Takeyanさん -
そうそう。どれも食べてないけど。つまらんツーレポですいません。

って、どのイメージも食べ物ばっかやん!(笑)
2014/07/25 08:24  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
- すきやきさん -
> 雨男襲名???

ん〜、どやろ?(笑)
一応元々雨予報だったのをあれぐらい走れたからヨシとします(^-^)/
2014/07/25 08:28  | URL | 銀 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。