FC2ブログ
2021 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2021 06
台風12号から逃げ切れるか!九州ツー0日目
2018/08/10(Fri)
7月28日(土)晴れ

今日から9日間の夏休みになる。

今夜は地元の花火大会の日だが私は観ることが出来ない。お昼には九州ツーリングに出発してしまうのだ。

大阪発 → 別府ゆきのフェリーに乗る。

しかし、何でまた今週に限って台風が接近して来るのやら。 台風12号だ。

コイツは今までの台風のセオリーに反して、東から西に進むという、ご丁寧にも私の九州ツーリングに寄り添う予報となっている。


ここは、ことバイクに関しては「晴れ男」を大袈裟に吹聴する私の、実力の見せどころだ(笑)。


~~~PCでご覧の方は「続きを読む」で続きます~~~


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
.
幸い「さんふらわあ」の大阪→別府航路は、2時間出航を早めて動いてくれるらしい。

同じ日の大阪向きの航路は台風と真正面からカチ合うために早々に欠航のアナウンスがされていた。その船に乗る予定だった人たちの心情を察すると、同じ境遇の身として他人事ではない。

ちなみに乗船前日の朝の案内メールでは定時運行の文面だったが、夜になってさんふらわあのホームページを確認したところ、2時間早まるとの情報が載っていたから、こういう天候のときはとくにマメに最新情報をチェックすることが大事だと再認識させられた。


19時55分あらため17時55分大阪港発、ということは、遅くとも17時ごろにはフェリー乗り場に着いておきたい。ただし、時間が遅くなればなるほど、憎っくき台風本体が近づいて来る。

そんな状況だから、愛する妻と猫との時間を出来るだけ取りたかったのをあきらめて、お昼前に出発することにした。


RIMG0994.jpg

地元でガソリンを満タンにして、東名阪 → 新名神 と進む。
名阪国道経由のほうが安いけれど、道中の降水確率がちょっと悪かったので、贅沢させてもらう。


「本当にこのあと台風来るの?」と思うぐらい風も何も無い。「ま、台風の前ってこんなもんか。」そう納得しながら甲賀PAで休憩。


RIMG0995.jpg

特に休憩したかったわけではなく、スマホナビを起動させたかったのだ。

Bluetoothのイヤホンで音声も聞けるので、ぐっと安心感がある。「ドンと来い!阪神高速!(笑)」

『まもなくナナメ左方向 阪神高速 13号 大阪線 デス。』

『およそ300メートル先 直進方向 デス。』「いやぁ、楽勝らくしょう♪」 分岐ももう怖くない。

RIMG0996.jpg



ただし景色とか看板とか全く覚えていないので、また今度ナビ無しで来たら同じ道をトレース出来る自信は、確実に無い(笑)。 あとで地図を見たら、大阪城の真横を通っていたはずなのに全然気づかなかった。


RIMG1000.jpg


2時ごろ南港北ICを降りた。「やったぁ、着いたぁ☆」とにかく余裕だ。

高速を降りて信号で止まったとき、やっと暑さを実感した。「止まると暑いわ。」たまらずコンビニでクールダウン。


フェリーターミナルに向かう信号は、クルマが長蛇の列をなしていた。一回の青信号で、下手をすると1~2台しか曲がれないときもあった。

「こんなに早い時間からフェリー乗るクルマが殺到するのか!」

それは違った(笑)
南港ATCは複合型商業施設、今日は土曜日、この車列はATCの駐車場に入る渋滞だったのだ。


RIMG1003-2.jpg


出航3時間前の午後3時、バイクの先客は4台。



RIMG1002.jpg

乗船手続を済ませたが、ATC内は待合室も喫煙所もコンビニ内も、エアコンの効きがイマイチで暑い。第一、ライダールックは場違いだったので、再びバイクの元に戻り、ATC近くをバイクでウロウロした。


「USJってこの近くかなぁ?」「IKEAも近いんちゃうやろか?」でもなかなかそこまでは踏み出せず、特に目当てもなくグダグダとガソリンを消費するCBR。

結局大して時間は潰せず、またATCに帰って来ると、バイクは総勢10台ほどに増えていた。


RIMG1005.jpg

ジリジリと西陽に照らされて、先に積み込まれていくトラックやクルマをうらめしく眺めていた。どうやら今回はバイクの乗船は最後になるようだった。


いよいよバイクの番が来て、船尾の地面レベルの階層(さんふらわあこばるとでは2F)に停車した。

「これなら明日は早い順番に出してもらえるかもしれない。」そう期待して荷物をCBRから降ろし、6Fの案内所でカギをもらい、7Fのスタンダードシングルへ。


RIMG1007.jpg

部屋だけを見れば去年神戸から乗った阪九フェリーの2等指定Aより少し新しく感じた。

でも等級も同一ではないし単純比較するのはおかしいですな。

いずれにせよ、どちらも清潔で快適だった。 なにより個室は入った瞬間から冷え冷えで気持ちがよい♪



去年と書いたが、このブログでは書いていないが実は去年も同じ時期に九州ツーリングに行った。

そのときは予約した宿の近くでたまたま起こった九州北部豪雨災害のボランティア活動に予定を一部切り替えたのだが、実際に東峰村や朝倉市の被災地を目の当たりにして観光気分が萎えてしまい、九重・阿蘇あたりを走った程度で予定を切り上げて帰って来てしまったという経緯がある。

そのぶん今回はがっつり楽しみたいのだけれど、今回は今回で台風という不安要素。


ま、話がそれたが、阪九フェリーとの比較についてもう2点だけ。
①阪九では車検証の提示を求められなかった。
②阪九は、必要ない荷物はバイクに載せたままでよかった。(楽ちん)


RIMG1012.jpg

遅い乗船だったにも関わらず、風呂はすいていた。

湯船につかって港の夕景を眺める。

この時間でもまだ、台風接近の影響などまったく感じられない空模様。

視線を落とすと、もう出航時刻は過ぎていたと思うが、まだトラックの積み込みをしているようだった。

「欠航になった神戸便のトラックが全部こちらに流れて来ている。」

そういえば乗客同士がそんな話をしていたっけ。
そうか、大阪便は出発時間を早めて動くけど、神戸発の便は止まったんだったな・・・。

IMG_0575.jpg

風呂のあとは、お約束のビール。
でも晩ゴハンはどうしよう?


たまにはレストランで食べてみるか。 バイキング形式で税込2,000円らしい。

券売機まえに数組ならんでいるけれど、席は空いているようだったので少し並んだ。

IMG_0579.jpg



IMG_0582.jpg


なかなか豊富なバイキング。スイーツ系もチョコレートファウンテンがあったりして洒落くさい。大分産カンパチの刺身も取り放題でテンションが上がった(笑)「これだけで元とれるやん♪」

よくネットなどで『フェリーのバイキング高いだけで旨くない。』とか見たように思うんだけど、「おいおい、さんふらわあ美味しいんですけど(驚き)」


出航が早まったせいもあり、明るい時間に明石海峡大橋をくぐった。 

「外のデッキで見たかった~!」

IMG_0589.jpg


IMG_0592.jpg

すっかり食べ過ぎたのを反省しながら部屋に戻り、船のWi-Fiも全然使えないしテレビもイマイチだったので10時消灯のアナウンスと共に早めに眠りについた。

 「あ~、台風に追いつかれて揺れなきゃイイな・・・。」


今宵は、ここらでよかろうかぃ。 

<本日の走行:約170km>


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
この記事のURL | 九州へツーリング | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |