2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
北海道ツー外伝:夜の露天風呂ツアー
2008/08/11(Mon)
7月29日 火曜日の夜  晴れ

とほ宿ましゅまろの今夜の客は3人。
私のほかには品川ナンバーの北島康介似の若者と、札幌在住で明日はカヌーで屈斜路湖から釧路川を下るという若者。

夕食後の団らんタイム、「ピンポ~ン」宿のチャイムが鳴った。
こんな時間に何?一瞬かまいたちの夜が頭をよぎる・・・。



ましゅまろ
「どうもこんばんは~」入ってきたのは中年の男性。温泉マークのTシャツがイタイかも・・・。
なんでも宿主の友人で、弟子屈高校の地理の先生だという。ホントに?
道内の滝川市から単身赴任中のこの先生、暇ができるとこの宿に来ては、露天風呂のメンツを拉致していく常連らしい。

僕は夕食前に宿の風呂に入っていたのだけれど、面白そうだから行ってみることに。
北島康介君も行く気満々。だってさっきまで、道内の露天風呂談義で盛り上がっていたのだ。
もうひとりのカヌーイストは風呂上りだから遠慮するという。
それでは3人で行きましょ~。先生の三菱コルトに乗り込んだ。

夜道は漆黒の闇ですぅ。クルマの明るいヘッドライトが心強い。
先生はさすが地元民、枝道わき道をズンズン行きます。今ドコ走ってんの?
屈斜路湖畔の温泉に行くんですって。
先生が「池の湯・・・」と言いかけたところで康介が、
「マジっすか?そこは上級者過ぎませんか?」とおそれおののいている。
僕「熊でも出るの?」
康介「いや、あそこは・・・」
「夜だから大丈夫」と先生。
なあんだ、人目を気にしてたのかぁ。康介は恥ずかしがり屋さんなんだなぁ。

「?!」急ブレーキ、道路脇にキタキツネの子供。優柔不断極まりない。
行こうか?戻ろうか?行く?あ~う~、あ、やっぱ戻ろ!みたいな動き。
光に寄って行きたいけれどはねられるのは嫌だみたいな行動でした。

しばらく走ってまたもや何も無い所で停止。「先生、何かいるの?」
「何で停まっているかと言いますと~(←こんな喋り方です)、クワガタが落ちてることがあるんです。」
「はあ???」
交差点の街灯の下に結構集まって来るらしい。
屈斜路湖畔では、プリンスホテルのテニスコートの灯かりが、ベストポイントらしいのだが、宿泊者でないので気が引けるらしい。
う~ん、覚えとこ。

またしばらく行くと今度は鹿。
漆黒の闇に浮かび上がる巨体。こんなデカイんだぁ。目が光ってるよぉ。
「鹿の後に鹿」とは先生の弁。このフレーズはゆわんと村でも聞いたから、北海道の常識なんでしょう。
親子やツガイで行動しているらしく、一匹やり過ごしたからといって油断してはいけないということです。

やってきました、屈斜路湖の水とつながっている広大な池の湯。
誰もいません。脱衣所には明かりが点いています。
が・・・・・脱衣所なんて必要ないです~。
衣服なんて湯船に向かいながら芝生の上でポポイのポイです~。

湯はぬるめ。池の底は藻でヌルヌル。見えないけれど、いろんなモノが浮遊しているのが肌でわかります。
よく見ると藻に混じって虫の死骸らしきものとか、生きて泳いでいる虫らしきものとか・・・。
もしかすると見えないだけでもっと凄いモノが浮いているのかも。
康介が上級者向けと言ったのはこのことだったのか・・・。
あるポイントでは底から湯が湧き出しており温かいんです。湖面との一体感すら感じられるスケールの大きさも満足。
見えない方が幸せ。明日正体を確かめに来るのは無粋だな。

お次はコタン温泉。同じく屈斜路湖畔の無料露天風呂で、池の湯とは車で数分の距離。
昼は観光客が多い上、目の前をカヌーが通り過ぎたりするらしく、男女とも度胸が大事だという。
湯船は小さいが、何も浮いていない。ここで汚れを落とした気分。
星空を眺めながら、イイ湯加減で長風呂しました~。

いやぁ、貴重な体験ができました。岡田先生お世話になりました。連れてってくれてありがとうございました~。

北海道ツーリング6日目へ

にほんブログ村のツーリングカテゴリーに参加中です~。ポチっと押していただくと有難いです~。
にほんブログ村 バイクブログへ
           またのお越しをお待ちしております~。

この記事のURL | 2008北海道ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://b5fj7dy.blog32.fc2.com/tb.php/68-c370800b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。